タワマン本場「武蔵小杉」東西で異なる街の顔

地元民は「ムサコ」ではなく「コスギ」と呼ぶ

タワーマンションの定義を20階建て以上とすることもあるが、以前、川崎市に「現在、武蔵小杉に何本のタワーマンションがあるのかを」問い合わせた際、ここ武蔵小杉でのタワマンの定義は高さ100メートル(25階前後)以上としているとのことだった。タワーの定義も高水準というところに、タワマンの本場らしさを感じたものだ。

法政通りから府中街道を横断し、駅に向かって北上する道は、この辺りで最も人通りが多い。道沿いには地元スーパー「大野屋」や再開発前からあったというイトーヨーカドーの店舗もある。

ショッピングモール「GRAND TREE」(筆者撮影)

東急線西側には、2013年に東急スクエア、今年オープンしたコスギ・サード・アヴェニュー、線路東側には2014年に“ららテラス”、GRAND TREE(グランツリー)といったショッピングモールがあり、そのテナントにはすべて大型スーパーや食品売り場が入居している。

それ以外にもフーディアム、マルエツなどが出店しているので、この街でのスーパーマーケットの競争は熾烈を極めている。これらスーパーやモールの進出で、地元商店街が寂れてしまったという事情もあったのではないか。

また、武蔵小杉では再開発を機に、新旧住民の分断がコミュニティーやまちづくりにおける問題となっているというテレビ報道も見たことがある。

昨年10月、台風19号で甚大な被害を受けたエリア

この東急線路の西側は「武蔵小杉のレトロエリアか」と思いながら街を探検していると、こちら側にも結局計5本のタワーマンションがあることを確認した。それらはすべて南武線線路の両側にあり、都市計画によってタワマンが建設できるエリアが定められているようだ。

さらに今後、その地域の北側にあたる日本医大病院の再開発で2本のタワーマンションができる予定もある。

武蔵小杉というと、昨年10月の台風19号で、あるタワーマンションの設備室が浸水し停電、断水。エレベーターが動かず、夜間は真っ暗、自宅トイレも使用できなくなり、多くの住民が一時的にホテルなどでの避難生活を送ったことが報じられた。グランツリーや“ららテラス”などのある駅前広場やJR横須賀線駅も冠水し、その被害も甚大だった。

次ページ天災を経験しても衰えないタワマン需要
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT