タワマン本場「武蔵小杉」東西で異なる街の顔

地元民は「ムサコ」ではなく「コスギ」と呼ぶ

タワーマンション街(筆者撮影)

この、東急の線路とJR横須賀線の線路に挟まれているエリアには、かつては不二サッシ、東京機械製作所の工場、グラウンドなどがあったが、現在は7本のタワーマンション、大型マンション、ビジネスホテル、商業施設などが並び、そのほとんどは2000年代後半以降にできたものだ。

東横線には、通勤者や学生の乗客を増やしたいと、東急が沿線に工場や学校を誘致してきた歴史がある。

1939(昭和14)年には元住吉駅寄りに工業都市という名の駅が開業したが、1953(昭和28)年に廃止され、現在の武蔵小杉駅へと統合されている。

昔の武蔵小杉の面影が残る街並みも

この駅東側のタワーマンション街を、東急とJR横須賀線の線路の間の汽水域とすると、東急線線路の西側の街にはまだ、再開発される以前の武蔵小杉の面影が残っているようだ。

センターロード小杉(筆者撮影)

駅前でまず見つけたのは、居酒屋や焼き鳥屋が並ぶ「センターロード小杉」という飲み屋街。これはかつて工場街だった頃からある街並みなのだろうか。工場街には、夜勤明けの午前から飲めるいい居酒屋があることが多いが。

駅南側の「こすぎ南壱番街」入り口には、自由が丘が本店の亀屋万年堂の支店があるのに東横線沿線らしさを感じた。しかし個人商店は、店主の高齢化のためなのか閉店した店が多く、路面店にはチェーンの飲食店が目立つ。

一方で「法政通り南壱番街」では、和菓子店、洋品店、ラーメン屋など、地元の個人経営の店が頑張っている。この商店街の入り口では東急が22階建ての大型マンションを建設中だった。

次ページ東急線の西側と東側は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT