ミス・ユニバース「ハーフ女性」が台頭する理由

多文化な背景を持つ日本人の勢いが増している

10月29日に開かれた「ミス・ユニバース・ジャパン・ファイナル」で優勝した杤木愛シャ暖望は、ガーナ人の父と日本人の母を持つ(写真:共同通信)

5年前、日本の美の代表に選出されたのは、「ハーフ(日本人とアフリカ系アメリカ人)」の女性だった。2015年のミス・ユニバース日本代表、宮本エリアナである。1年後にはまた別のハーフの女性、今回はインド人と日本人の両親を持つ、吉川プリアンカが、日本の美の代表として、ミス・ワールド・ジャパンに選ばれている。

これは新しいトレンドの始まりなのだろうか。2020年10月末に開かれたミス・ユニバース・ジャパン・ファイナルでトップ3に選出されたのは、全員ハーフで、多文化のバックグラウンドを持つ女性たちだった。

”逆人種差別”が行われていた?

筆者の日本人の妻は、彼女たちが選ばれた後、「これが今のトレンドなのね。でも、日本人女性の美を競う大会としては、疑わしいわ。そもそもこういうコンテスト自体の存在に対する疑問もあるし」と語った。

「どうしてそういう主張になるの?」
「1度目、そして2度目までは何とか理解できたけれど、今年は上位3人全員がハーフよ。何か変じゃない?」
「審査員がハーフでない日本女性に対して偏見を持っているということ?」と、 私は尋ねた。
「偏見を持っているとまでは言わないけれど、きっと何か筋書きがあるのよ」

彼女の言葉は、ハーフの女性たちに不当な利益を与えるために、あたかも審査員による陰謀があったかのように、一種の被害妄想に聞こえ、私もさすがに心配になった。そのように捉えている日本人女性は、おそらく彼女1人ではないだろうから。

「筋書き?」「本当にそんなものがあると思っている?」と、私は聞いた。
「ええ、きっとそうよ」と、彼女は答えた。「これは“逆人種差別”みたいなものよ。ハーフでない、普通の日本人女性に対する差別よ」。

次ページ「見えない力」が働いて…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT