ミス・ユニバース「ハーフ女性」が台頭する理由

多文化な背景を持つ日本人の勢いが増している

10月29日に開かれた「ミス・ユニバース・ジャパン・ファイナル」で優勝した杤木愛シャ暖望は、ガーナ人の父と日本人の母を持つ(写真:共同通信)

5年前、日本の美の代表に選出されたのは、「ハーフ(日本人とアフリカ系アメリカ人)」の女性だった。2015年のミス・ユニバース日本代表、宮本エリアナである。1年後にはまた別のハーフの女性、今回はインド人と日本人の両親を持つ、吉川プリアンカが、日本の美の代表として、ミス・ワールド・ジャパンに選ばれている。

これは新しいトレンドの始まりなのだろうか。2020年10月末に開かれたミス・ユニバース・ジャパン・ファイナルでトップ3に選出されたのは、全員ハーフで、多文化のバックグラウンドを持つ女性たちだった。

”逆人種差別”が行われていた?

筆者の日本人の妻は、彼女たちが選ばれた後、「これが今のトレンドなのね。でも、日本人女性の美を競う大会としては、疑わしいわ。そもそもこういうコンテスト自体の存在に対する疑問もあるし」と語った。

「どうしてそういう主張になるの?」
「1度目、そして2度目までは何とか理解できたけれど、今年は上位3人全員がハーフよ。何か変じゃない?」
「審査員がハーフでない日本女性に対して偏見を持っているということ?」と、 私は尋ねた。
「偏見を持っているとまでは言わないけれど、きっと何か筋書きがあるのよ」

彼女の言葉は、ハーフの女性たちに不当な利益を与えるために、あたかも審査員による陰謀があったかのように、一種の被害妄想に聞こえ、私もさすがに心配になった。そのように捉えている日本人女性は、おそらく彼女1人ではないだろうから。

「筋書き?」「本当にそんなものがあると思っている?」と、私は聞いた。
「ええ、きっとそうよ」と、彼女は答えた。「これは“逆人種差別”みたいなものよ。ハーフでない、普通の日本人女性に対する差別よ」。

次ページ「見えない力」が働いて…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT