「デリカシーを淀川に捨てた」義母の強烈な一言

初対面の時、妊娠後、シミーズが行方不明の時…

デリカシーのない義母の珍名言集を紹介(写真:U-taka/PIXTA) 
大阪に暮らす3人の子どもを持つばたこさんには、義母本人も認めるほどデリカシーのない義母がいる。
ばたこさんはそんなデリカシーのない発言をされながら、それをTwitterでユーモアたっぷりにつぶやくことで日々のストレスを発散している。著書『お義母さん、ちょっと黙ってください くそばばあと私の泥仕合な日々』から、デリカシーのない義母語録を抜粋・一部加筆して掲載する。

関西の川に沈む義母のデリカシー

義母の日々の言動に辛抱たまらなくなり、デリカシーというものはないのか?と問うたことがある。義母はまったく悪びれずに「そんなもん大和川に捨てた」と言っていた。次に聞いたときは「淀川に捨てた」となぜか場所を移動していた。

義母はポピュラーで大きめの川にデリカシーを捨てがち。関西の川はあらゆるところに義母のデリカシーが沈んでいるにちがいない。ぜひとも、今すぐに身ひとつで泳いで捨てたデリカシーを拾ってきてほしい。義母のデリカシーに欠ける発言は多くあるけれど、道徳の授業からやり直すために小学校に入り直してほしいと願った発言を紹介したい。

「なんや普通やな、上戸彩がタイプなんじゃなかったんか」

義母と出会ったとき、聞いてもいないのに旦那のタイプが上戸彩だということを教えてくれた。旦那は私と出会う前、九州出張で出会ったキャバクラ嬢が上戸彩に似ていたので、翌月も翌々月もプライベートで九州へ出向いた、という話まで聞かされた。このときは、旦那の愚かさばかりが気になって、そんなことを平気で息子の彼女に言ってしまう義母のやばさに気づくことができなかった。

「嫁ちゃん、あんた私のシミーズ、勝手にメルカリで売ったやろ」

冤罪確定。義実家のものがなくなるたびに私がメルカリで売りさばいたと疑われている。今回はまさかの下着泥棒の罪をなすりつけられている。ばばあのシミーズなんて売るわけないし、売れるわけもない。どうせ山のように積まれている洗濯物の中にあるので、血眼になりながら探してほしい。

「妊娠糖尿病も高血圧も嫁ちゃんが太ってるからやろ、自業自得やん」

義母に妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のことなどわかるはずがなかった。私は妊娠してからは必死に糖質と塩分を制限していたので、自業自得という言葉にひどく傷ついた。妊娠糖尿病・高血圧が自業自得ということは、義母世代以上のばあさんが言いがち。義母以外のばあさん何人かにも言われた。そんなことは孫を抱きたいなら言ってはいけない。私は、自業自得と言ってきたばあさんは1人残らず覚えている。

次ページ「巻くだけダイエット」をする私を見て…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT