横浜「キリンとチーター」が共存する動物園の今

希少動物の宝庫でもある「ズーラシア」を探訪

(写真:ズーラシア提供)  
大人になってから動物園に行ったことがないという人は案外多いのではないか。子どもが小さい頃はよく家族で出かけたが、最近は遠ざかっているという人もいるだろう。今、久しぶりに動物園にいってみると、自分が子どもの頃に行ったのとはまったく違う場所になっていることに驚く。
一言で動物園といっても、訪ねてみると、各園の個性はさまざま。飼育されている動物の種類も違えば、繁殖や人工飼育など取り組みも各園で異なり、「十園十色」なのだ。本連載では、そんな動物園を訪ねてその見どころを紹介する。
第一回となる今回は「よこはま動物園(ズーラシア)」だ。

ズーラシアの正式名称は「横浜市立よこはま動物園」。「ズーラシア」は愛称で、公募で選ばれた。1999年開園と、首都圏の動物園の中では新しい。公立であることが意外に思えるほど、テーマパークのような楽しさに溢れている。

この連載は今回が初回です

東京ドーム10個分の広さがあり、アジアの熱帯林、中央アジアの高地、アフリカのサバンナなど世界の気候帯・地域別に8つのゾーンが再現され、「世界旅行ができる動物園」を謳っている。

また、野生で生息している環境をできるだけ再現しているのも特徴的だ。

日本でズーラシアにしかいない希少動物も

日本中でズーラシアでしか見られない希少動物も多い。アカアシドゥクラングール、セスジキノボリカンガルー、モウコノロバ、ドール、テングザル――。名前も聞いたことがない動物も多いのではないだろうか。絶滅危惧種にも指定されている彼らの生態が見られるのも、一つの魅力だ。

次ページズーラシアの動物たちの写真はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT