「海外で突然発作」入院して知る意外な医療事情

世界を駆けるモータージャーナリストの体験談

海外で急病になった岡崎宏司さん。無事に切り抜けられたのか(画像:LEON編集部)
仕事柄1年のうち、3分の1は海外で過ごしてきたというモータージャーナリストの岡崎宏司さん。時には、パースからシドニーの距離、1万3000kmを6日間で走ることもあったそう。そんなタフなオトコが海外で起こした入院騒ぎとは?

タイトなスケジュールも難なくこなしていた

つい数年前まで、仕事でもプライベートでも多くの旅をしてきた。旅が好きな僕にとっては、とてもハッピーなときを過ごしてきた。幸い身体も丈夫。加えて時差に強いこともあり、タイトなスケジュールも難なくこなせた。年に15~20回/100日以上を海外で過ごすことも多かったが、きついと感じたことはない。 

本記事はLEON.JPの提供記事です

唯一の例外は「ロンドンーシドニー・3万キロ・ラリー」。

「ロンドンからシンガポール」セクションの1日平均走行距離は1200~1300kmだったかと思う……が、睡魔との戦いを除けば、それほどきついとは感じなかった。ところが、パースからシドニーをW字のように辿るオーストラリア・セクションは、6日間で1万3000kmを走る。1日平均で2200kmだ。これは、きついなんてものじゃなかった。

でも、耐えて耐えて、総合19位。プライベートとしては「かなり上々!」の結果だった。その間、体重は激減。やつれきった僕を羽田で迎えた家内は絶句していた。それでも、数日後には元気を取り戻し、仕事も含めて、日常の生活に戻った。

そんなタフな? 僕だが、1度だけ、海外で倒れ、緊急入院騒ぎを起こしたことがある。

次ページ身動きできないほどの発作に襲われた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT