キャンプ初心者「あると盛り上がる」4つの道具

ホットサンドメーカーで簡単に美味しい朝食を

より充実したキャンプライフを送れる便利なアイテムを紹介(写真:june./PIXTA)

キャンプの可能性は無限大だ。いつもの場所でも、そろえるアイテム次第では楽しみ方も際限なく広がっていく。ということで今回は、キャンプライフの幅をより拡充させる、あると楽しい“プラスα”なアイテムをご紹介。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

テント、テーブル、焚き火台……なんかはイメージできるけど、ほかには何があると楽しいの?

そんな素朴な疑問に、キャンプの達人であるスタイリスト・平健一さんと、アウトドア専門のセレクトショップ「オレンジ」が応えてくれた。

キャンプでやりたい「飯ごう炊飯」

①キャンプと言えば、やっぱり“飯ごう”

トランギア「メスティン」

1760円/トランギア(オレンジ 0736-20-1329)

炊飯器を使用せずに、ホクホクのお米を炊く――。おそらく「ビギナーがキャンプでやりたいこと10選」なるランキングがあれば、必ずランクインするであろうアクションの1つだ。

このトランギアの飯ごうは2サイズ展開で、1.8合サイズが1760円、3.5合サイズが2750円と、いずれも高いコスパを誇る。

「ご飯を炊くのはもちろん、これ1つで焼く・煮る・燻すなど、いろいろな調理ができます。レシピ本も販売されているので初心者の方でも簡単に調理できますし、サイズも小さいほうであれば、お一人様にはちょうどいいです」(堀西さん)

次ページキャンプの朝食で作りたいものと言えば…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT