芸人ヒロシが"集団の掟"から抜けて掴んだ境地 楽しいはずのキャンプが違和感だらけだった

印刷
A
A
ヒロシさんの現在の本音とは?(撮影:梅谷秀司)
「ヒロシです……」の自虐ネタで大ブレイクしたのは、約15年前。ネタのイメージから、ネガティブなキャラクターを想像していたが、会って話を聞いてみると、とにかく真っ直ぐな人だった。
好きなことだけを追い求め、ソロキャンプ動画をアップしているYouTubeチャンネルの登録者数は、86万人を超える(2020年8月上旬現在)。8月には書籍『ヒロシのソロキャンプ ~自分で見つけるキャンプの流儀~』も上梓した、ヒロシさんの「頭の中」とは――。

YouTubeでヒットしたわけ

「ヒロシちゃんねる」の編集は、独特である。まず、全国に顔が知られる芸人でありながら、ヒロシさん自身の姿がほとんど映らない。「どうも! ○○でーす!」とテンション高めのあいさつから始まるような、YouTuberの「型」にもハマらない。動画内で、ヒロシさんはとくに声も張らないし、非常に淡々としている。本人に勝因を分析してもらうと、こんな答えが返ってきた。

「結局、人に見てもらおうとか思わずに、自分のためにやっているからこそ、ほかと差別化できたのだと思います。僕がYouTubeでの動画発信を始めた当時、再生回数を伸ばすためには、シーン切り替えをバンバンして5分以内に収めるのが一般的でした。でも、僕が見たいのは、もっとダラダラした映像なんです。セオリーを無視して30分くらいの動画をアップし続けていたら、意外と見てくれる人が多かった」

画面の前にじっと座って集中して見なくてもいい。気楽に「ながら視聴」もできるからこそウケたのかもしれない。

「僕にとって、キャンプは趣味であり遊び。『ヒロシ』を出した瞬間、仕事になってしまうんです。だから、ネタは封印して、のんびり更新することにしました。無理にしゃべることもしません」

今でこそ大成功している「ヒロシちゃんねる」だが、開設時、周囲の目は冷ややかだったという。

「『落ち目の芸人だからYouTuberやっているんだろう』とバカにされる時代もありました。今は逆に『知名度がある芸人だからYouTubeが伸びたんだろう』と言われる。どっちなんだよと(笑)。結局、人の評価なんてコロコロ変わるし、あてにならないんですよね」

次ページキャンプはみんなで行くもの、という思い込み
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT