芸人ヒロシが"集団の掟"から抜けて掴んだ境地

楽しいはずのキャンプが違和感だらけだった

「キャンプって、面倒くさいでしょ? 赤の他人と行くなんて、正直イライラが止まらないんです」

(撮影:梅谷秀司)

ヒロシさんが、再ブレイクのきっかけとなったソロキャンプに目覚めたのは、数年前のこと。もともと、幼少期からのアウトドア好き。ただ、どんなに好きなキャンプだったとしても「みんなで」行動するのが、どうしても性分に合わなかったのだという。

「大人数でキャンプをするとなると、荷物も引っ越しみたいな量になってしまう。道具をそろえるにはお金もかかるし、現場でも活発に動かなきゃいけない。初心者には、テントの設置方法も教えなきゃいけない。片付けもしなきゃいけない。家族ならギリギリ納得がいくかもしれないけれど、グループで行くなんて地獄だと思いますよ」

たしかに、キャンプはみんなでワイワイ楽しむものだ、という刷り込みがあるのかもしれない。団体行動が大嫌いだというヒロシさん自身も、そうだったという。

「いやいや、よく考えたら1人でもいいじゃん、と思えるようになったんです。一つひとつ、自分の中の思い込みを手放したら、楽になりました」

夏に行かなきゃいけないものでもない

「思い込みといえば、『キャンプは夏に行くもの』もそのひとつ。よくよく考えたら、夏は暑いし、いちばん行きたくないシーズンですよね。よりによって、みんなキャンプファイヤーとかやりたがるでしょう? 夏にあんなデッカい焚き火したら、暑いし、地獄でしかないわけですよ。冷静に考えればわかることなのに、なんでみんな夏にキャンプをしたがるんでしょうね?」

この夏、キャンプに関する書籍を上梓したばかりだというのに、あっけらかんと語る。

「昔の林間学校でやったときだってしんどかったのに、今では温暖化でさらに気温が上がってますからね。夏にキャンプは、危険ですよ。熱中症のリスクもある。僕は、冬に行くキャンプが好きです。1人で行くソロキャンプなら、人と希望や予定を合わせなくてもいい。いつでも、好きなときに好きなペースで楽しめるんです」

次ページブレイク時は、見栄も張ったが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT