私たちが忘れた「愚行権」行使する人々の生き様

日本3大ドヤ街・横浜「寿町」で生きる人の実像

座間市周辺には鳶尾団地やまつかげ台の建売住宅(いずれも厚木市)などがあり、畳の仕事が多かった。サカエさんは大崎の帳元に籍を置いたままで、座間のアパートから仕事先に通うようになった。

アパートは木造で、間取りは四畳半と六畳のふた間。サカエさんたちは一階に入居した。3人で暮らし始めた積もりが、ある日、ミチコがどこかに預けていた2人の子供を連れてきた。

「6歳と3歳の女の子だよ。おんで、オレは3人の子持ちになったんだよ」

しかもミチコには、”正規の夫”が存在したのだ。夫は座間のアパートを探り当てると、ちょうどサカエさんが夕飯を食べているとき、アパートに乗り込んで来た。

「手首と足首まで入れ墨をした奴が、手下を連れてきたんだよ。あれは、関西彫りっていうんだよ。オレは半ズボン穿いてたから、夏だったのかな」

”正規の夫”との対決

正規の夫が言った。

「おまえ、俺の家族をこんなところに連れてきて、どうする気だ」

サカエさんは正直に答えた。

「知らなかったんだよ」

「知らなかったじゃ済まねぇぞ」

ここまでは型通りの応酬だが、その先がちょっと違った。サカエさんはちょうどビールを飲んでいたので、ビール瓶を逆さに持って、

「帰れー」 

とふたりの男を一喝したのだ。サカエさんの剣幕に度肝を抜かれた男たちは、尻尾を巻いて逃げていった。

 そして……。

「ミチコも3人の子供も、一緒に行っちゃったの」

次ページ9人家族、そしてまさかの展開
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT