私たちが忘れた「愚行権」行使する人々の生き様

日本3大ドヤ街・横浜「寿町」で生きる人の実像

翌日、仕事を終えてアパートに帰ってみると、出て行ったはずのミチコと3人の子供が部屋で待っていた。

「ミチコは彫り物した旦那と切れたんだ。だけど、思えばオレの転落の人生は、あそこから始まったんだよ。それまでの稼ぎじゃやっていけないもん」

サカエさんが30歳のとき、サカエさんとミチコの長女が生まれた。そこからほぼ2年置きに、男、女、女とミチコは次々に4人の子供を生んだ。前夫との子供を合わせると7人。サカエさんとミチコを合算すると、9人の大家族である。

そして、さらなる展開が・・・

4畳半と6畳のふた間しかないアパートに、しばらく9人で暮らしていたとサカエさんは言う。私にはそれがどのような暮らしだったのか想像がつかないが、当然のごとく家計は逼迫した。サカエさんは、ミチコをキャバレーで働かせることにした。

「そうしたら、浮気をしたんだよ」

これもよくある話と言えばよくある話だが、やはり、そこから先がちょっと違う。相手は、青森から出稼ぎで出てきていたキャバレーの客だという。サカエさんはミチコを同伴して、海老名にある男の部屋に乗り込んだ。懐に畳包丁を忍ばせていた。

『寿町のひとびと』(朝日新聞出版)
書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「包丁は使わなかったけど、頭に来たから、男の家のアイスピックで刺したんだよ」

「死んじゃいましたか」

「いや、太もも刺したから。畳包丁だったら、もっと切れたと思うよ」

男が警察に通報し、サカエさんは警察署に勾留されたが、起訴はされずに10日間で釈放された。

ミチコは最初、浮気相手の住所を言わなかった。

「でも、足の指の爪を一枚ずつペンチで剥がしていったら、白状したんだよ」

その後、サカエさんは寿町で息をひきとるまで、そんな人生を歩んだのか。

後編は、次回につづく。

(この記事の後編は11月24日に公開します)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT