私たちが忘れた「愚行権」行使する人々の生き様

日本3大ドヤ街・横浜「寿町」で生きる人の実像

翌日、仕事を終えてアパートに帰ってみると、出て行ったはずのミチコと3人の子供が部屋で待っていた。

「ミチコは彫り物した旦那と切れたんだ。だけど、思えばオレの転落の人生は、あそこから始まったんだよ。それまでの稼ぎじゃやっていけないもん」

サカエさんが30歳のとき、サカエさんとミチコの長女が生まれた。そこからほぼ2年置きに、男、女、女とミチコは次々に4人の子供を生んだ。前夫との子供を合わせると7人。サカエさんとミチコを合算すると、9人の大家族である。

そして、さらなる展開が・・・

4畳半と6畳のふた間しかないアパートに、しばらく9人で暮らしていたとサカエさんは言う。私にはそれがどのような暮らしだったのか想像がつかないが、当然のごとく家計は逼迫した。サカエさんは、ミチコをキャバレーで働かせることにした。

「そうしたら、浮気をしたんだよ」

これもよくある話と言えばよくある話だが、やはり、そこから先がちょっと違う。相手は、青森から出稼ぎで出てきていたキャバレーの客だという。サカエさんはミチコを同伴して、海老名にある男の部屋に乗り込んだ。懐に畳包丁を忍ばせていた。

『寿町のひとびと』(朝日新聞出版)
書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「包丁は使わなかったけど、頭に来たから、男の家のアイスピックで刺したんだよ」

「死んじゃいましたか」

「いや、太もも刺したから。畳包丁だったら、もっと切れたと思うよ」

男が警察に通報し、サカエさんは警察署に勾留されたが、起訴はされずに10日間で釈放された。

ミチコは最初、浮気相手の住所を言わなかった。

「でも、足の指の爪を一枚ずつペンチで剥がしていったら、白状したんだよ」

その後、サカエさんは寿町で息をひきとるまで、そんな人生を歩んだのか。

後編は、次回につづく。

(この記事の後編は11月24日に公開します)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT