新Apple Watchが70代の母親にも必要な理由

「ファミリー共有設定」で離れて見守る安心感

新Apple Watchが家族に必要な理由とは?(写真:apple.comより)

家族間でApple Watchを活用する方法をご紹介。テクノロジーの進化は、人とのつながりをより強く、より安全で幸せに、導いてくれるとわかりました。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

本連載の初回の記事で投げかけた「時計本体2つ、持ってて意味あるの?」に対する回答を、今回は掘り下げます。

ずばり、複数持ちは意味あります。それは、<ファミリー共有設定>が使えるから。

70代の母でもApple Watchが使えた!

まずは自分のiPhoneと、2つのApple Watchをペアリング(=連動させること)。このときのApple WatchはSeries5でも6でも、通信サービスへ加入していて、最新のOS7にアップデートしてあれば大丈夫。1つは自分で使って、もう1つは70代の母親に持たせるのです。

離れて住んでいても、ちゃんと体を動かしてるか、何か異常が起きてないかを知ることができる(写真:apple.comより)

うちの母はiPhoneではなくてドコモのらくらくフォンですが、そこは大丈夫。Apple Watchさえ常時つけさせておけば、離れて住んでいても、ちゃんと体を動かしてるか、何か異常が起きてないか、私のiPhoneで知ることができます。

Apple Watchから電話をかけたりメッセージを送りあったりもできますが、年老いた母に細かい操作を伝えるのは面倒なので、なにかあったらSiriに聞くように伝えています。これで、「○○に電話」とSiriに言うだけで通話も可能。思い出せない漢字も、明日の天気も、最近はどんどんSiriに聞いているようです。

次ページ小さな子どもの見守りにも
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT