国道16号沿い好んで住む人が多いのは当然な訳

都市と郊外の住宅街と身近な自然が合わさる

「小流域」単位で暮らし、大地を把握するというやり方は、世界のあちこちでみられる。

ハワイには、先住民族の間に古くからアフプアアという土地支配の概念がある。ハワイ諸島はすべて火山島だ。島の頂点である火山のてっぺんからは、四方八方に雨水がつくりだした川が海に向かって流れ出し、いくつもの流域をつくっている。その流域それぞれを土地の単位として管理することをアフプアアと呼ぶのだ。

水源の管理、水資源の管理、川沿いの生態系の管理、木材の管理、海の幸の管理を、それぞれのアフプアア=流域で行う。ハワイの先住民も、16号線エリアの先人たちも、同じような土地の愛し方をし、同じような暮らしをしていたのだ。流域単位で土地を愛し、利用し、暮らすのが、世界共通だったことがこれでわかるだろう。

では、なぜ山と谷と湿原と水辺がワンセットになった小流域の地形を、人間は好むのか。それは、高台に自分たちが暮らす場所を確保でき、谷の源流できれいな水を入手でき、餌となる生き物がたくさん集まってくる、もっとも暮らすのに都合のいい場所だからだ。

ウィルソンは、世界に先駆けて、多様な生き物が暮らす「生物多様性」の重要性を指摘した1人でもある。そのウィルソンの発想のユニークな点は、「人間には無意識に他の生命とのつながりを求めるものである」と考えたことだ。つまり、人間には自然が豊富で生き物がたくさんいる環境を愛する本性があるというのである。

その人間の本性を、ウィルソンは「バイオフィリア(生物愛)」と呼んだ。

16号線エリアを「旅」すると発見がある

多様な生き物が暮らせる環境は、人間という生き物にとっても暮らしやすく、なにより他の生き物=餌の確保にも適している。人間の自然好き、生き物好きは、後天的な趣味などではない。人間が進化のプロセスで獲得した、この地球でサバイバルする上で必須の性質というわけだ。

新型コロナウイルスという「自然」の脅威を受けたときに、多くの人間たちが選択したのがウィルソンの唱える「バイオフィリア」(生物愛)とつながる、身近な自然を愛でる行為だった、というのは興味深い。

『国道16号線 「日本」を創った道』(新潮社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、遠くにいけなくなった人たちの多くが、近所の公園や緑地、河川敷や海岸を訪れるようになった。読者の中にも実際にそんな行動をとった方がいらっしゃるかもしれない。あれが内なる「バイオフィリア」が発動したせいだ、というのはいささか短絡的に過ぎるかもしれないが、16号線エリアのような、人工的で便利な都市機能と、郊外の住宅街と、そして身近な自然が同じ場所にセットで存在する、という地域は、暮らす場所として積極的に選択する層が出てくる可能性が高い。

首都圏に暮らしている方は、よかったら一度16号線エリアを「旅」すると、いろいろな発見があるはずだ。そのとき、ぜひ商業施設やアミューズメントパーク、軍事基地ばかりではなく、自然と地形に目を向けて欲しい。このエリアの不思議と魅力は、地形が下支えしているから、と私は考えている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT