ブレア元英首相に学ぶ、超一流の「聴き方」

田坂広志 多摩大学大学院教授に聞く(2)

――では、「畳み掛け」とは、どのような技術でしょうか?

例えば、聴衆に対してあるメッセージを語ります。そのとき、聴衆から「その通りだ!」との強い共感の雰囲気が伝わってくることがあります。その瞬間、そのメッセージを畳み掛けるように繰り返す技術です。

例えば、

「結局、人生とは、どのような邂逅が与えられたか、
 どのような人間との出会いが与えられたか、それがすべてなのですね・・・」

「そう、邂逅、出会い、縁、それがすべてなのですね・・・」

こうした、「言い換え」「畳み掛け」などは、プロフェッショナルの話術としては、初級課程と呼ぶべき基本的な技術ですが、そもそも、聴衆の「無言の声」に耳を傾けることができなければ、この技術の段階に進むこともできません。

「間」のコントロール

――では、「無言の声」に耳を傾けることができるようになると、「言い換え」や「畳み掛け」以外に、さらに、何ができるようになるのでしょうか?

この「無言の声」に耳を傾けることができるようになると、聴衆との「無言の対話」を行なえるようになります。
 そもそも、スピーチとは、話者から聴衆への「一方通行のメッセージ伝達」ではありません。スピーチとは、会場の聴衆との「無言の対話」なのです。
 見た目は、話者が聴衆に対して一方的に語っているように見えます。しかし、実際には、聴衆が「無言の声」を発し、話者は、その声に耳を傾け、言葉を選び、発しています。
 それは、まさに「無言の対話」と呼ぶべきコミュニケーションなのです。

次ページ「リズム」による引き込みとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。