ブレア元英首相に学ぶ、超一流の「聴き方」

田坂広志 多摩大学大学院教授に聞く(2)

――つまり、トニー・ブレアの話術の本質は、「語り方」ではなく、「聴き方」であると・・・

そうです。トニー・ブレアの話術の本質、彼の話者としての力量の本質は、端的に言えば、次の力量です。

会場の聴衆の表情や雰囲気を細やかに観察し、
 「無言の声」に耳を傾け、
 「無言のメッセージ」を読み取り、
 いま、どのような言葉やメッセージを発すれば、
 聴衆の興味と関心に応え、聴衆の共感や賛同を得られるかを、
 瞬時に判断する力量。

それが、ブレアの話術の本質です。

――では、なぜ、ブレアに、それができるのでしょうか?

彼が、優れた話者に共通の、一つの資質を持っているからです。

それは、「細やかな感受性」です。

すなわち、細やかに心が動き、聴衆の表情や仕草、場の空気や雰囲気から、聴衆の心の動きを感受する力。彼には、それがあるのです。だから、瞬時に、そして的確に、その場の聴衆の興味と関心に応え、聴衆の共感や賛同を得られるメッセ―ジを発することができるのです。

次ページブレアの仕草でわかる「細やかな感受性」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。