資生堂が中国強化 主力ブランド刷新へ

資生堂が中国強化 主力ブランド刷新へ

資生堂が中国の主力ブランドを刷新。豪華イベント開催など、日本並みの派手な宣伝を打つ背景とは。

資生堂が北京でド派手なイベントを開催した。

同社は4月に、中国での主力ブランド「オプレ」を発売以来初めて全面刷新する。それを盛り上げるイベントを北京で開催、会場には2000人近い会員が詰めかけた。新オプレのテーマ曲を歌う人気男性デュオや、イメージモデルに抜擢された人気女優らによるライブは2時間に及び、会場は熱気に包まれた。

「中国は資生堂にとって、まさに成長のシンボルだ」。資生堂の高森竜臣・中国事業部長は胸を張る。だが、その豪華さの裏側には、資生堂が抱く危機感も垣間見える。

オプレは1994年、中国市場に投入された。「資生堂」の名を冠さない中国専用のブランドだ。現在、デパートカウンター720店を展開し、「国民的ブランド」と呼ばれるほどになった。しかし、90年代後半から仏ロレアルや米P&Gなど欧米系化粧品会社が次々と中国に参入、シェア争いが激化している。外資系企業は次々と地元資本の有力ブランドを買収、シェアを一気に拡大させた。

欧米系の攻勢で陳腐化

「どこの国でも輸入品に対するあこがれは強い。現地生産・中国専用ブランドであるがゆえのハンデがある」(高森氏)。オプレの1店舗当たり売上高伸び率は急減速。ブランドイメージは徐々に陳腐化した。中国現地でも多チャネル化、多ブランド化を進めているが、オプレは中国事業を象徴する主力ブランド。早急にテコ入れしなければ、全体への悪影響も予想された。

今回の刷新では全店のカウンターを全面改装。3年後までにカウンター数をさらに30カ所増やす。販売員には日本流の接客方法を徹底的に教育、欧米系企業との差別化も図る。宣伝戦略には資生堂が得意とするキャンペーン手法を採用。テレビや雑誌、屋外交通広告をフル活用したメディアミックスで挑む。

中国事業の売上高は現在610億円。3年後に1000億円超を実現したい考えだ。「今回のイノベーションでアジア発の化粧品会社としての優位性を発揮できる」と高森氏は自信を見せる。

盤石の日本国内とは違い、海外では欧米企業を追う立場の資生堂。中国市場での今後の戦いぶりは、世界でトップ企業と互角に渡り合うための試金石となりそうだ。
(佐藤未来記者 =週刊東洋経済3月15日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT