バイデン勝利宣言で沸騰「アメリカ株」の始め方

「世界一活発な市場」で取引する際の注意点

投資を始める準備として、覚えておくべき基礎知識があります。まずはティッカーと売買する株数です。日本の証券番号にあたるのが、ティッカーです。たとえばアップルは「AAPL」と表示します。会社名を省略したものが多いです。中にはセールスフォースの「CRM」のように、会社のサービスや商品に関連するキーワードを使用している場合もあります。

また売買が可能な株数ですが、日本はたとえば100株などでくくった「売買単位」が設定されています。一方でアメリカは1株から売買が可能です。日本では投資したい有望な銘柄があっても、売買単位が100万円など高くてあきらめざるをえない、ということがあるかと思います。アメリカはそういったことはありません。

『米国会社四季報』2020年秋冬号は現在発売中。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

結果的に売買取引が成立する量が多くなるため、理屈に合った価格形成ができます。急激な値動きは限定的で、日本のストップ高やストップ安という値幅制限はありません。投資の世界では、間違いなくアメリカは日本の見本なのです。

ただし、為替には注意が必要です。アメリカ株投資では、通常通貨はドルで運用することになるので、仮にドル安円高になった場合、円換算では資産が目減りする可能性があります。

また譲渡益や配当の税金は、税務申告により外国税額控除を適用して還付する手続きが必要です。なお、税金で恩恵がある特定口座やNISA(ニーサ)にも対応しています。

どの銘柄からスタートする?

いざアメリカ株を始める準備が整ったとなると、いよいよ銘柄選びです。まずは表に示した「ダウ30銘柄」がよいと思います。日本人でもよく知っている有名な会社が集まったグループです。この中には、アップルやマイクロソフトなどGAFAM(ガーファム)と呼ばれ、成長ハイテク業界を牽引する会社も入ります。

このように、アメリカ株を始めることはそれほど難しくありません。『米国会社四季報2020秋冬号』には、初心者向けの基礎知識をQ&A形式で掲載しています。

また、どんな有望銘柄があるのかもっと知りたいという人は、同誌でランキングを参照することもできます。売上高成長率や配当利回りを集計しています。また『会社四季報オンライン』でも定期的にアメリカ株のランキングの最新版を配信しています。ぜひあなたに合った銘柄を発掘してください。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT