バイデン勝利宣言で沸騰「アメリカ株」の始め方

「世界一活発な市場」で取引する際の注意点

投資を始める準備として、覚えておくべき基礎知識があります。まずはティッカーと売買する株数です。日本の証券番号にあたるのが、ティッカーです。たとえばアップルは「AAPL」と表示します。会社名を省略したものが多いです。中にはセールスフォースの「CRM」のように、会社のサービスや商品に関連するキーワードを使用している場合もあります。

また売買が可能な株数ですが、日本はたとえば100株などでくくった「売買単位」が設定されています。一方でアメリカは1株から売買が可能です。日本では投資したい有望な銘柄があっても、売買単位が100万円など高くてあきらめざるをえない、ということがあるかと思います。アメリカはそういったことはありません。

『米国会社四季報』2020年秋冬号は現在発売中。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

結果的に売買取引が成立する量が多くなるため、理屈に合った価格形成ができます。急激な値動きは限定的で、日本のストップ高やストップ安という値幅制限はありません。投資の世界では、間違いなくアメリカは日本の見本なのです。

ただし、為替には注意が必要です。アメリカ株投資では、通常通貨はドルで運用することになるので、仮にドル安円高になった場合、円換算では資産が目減りする可能性があります。

また譲渡益や配当の税金は、税務申告により外国税額控除を適用して還付する手続きが必要です。なお、税金で恩恵がある特定口座やNISA(ニーサ)にも対応しています。

どの銘柄からスタートする?

いざアメリカ株を始める準備が整ったとなると、いよいよ銘柄選びです。まずは表に示した「ダウ30銘柄」がよいと思います。日本人でもよく知っている有名な会社が集まったグループです。この中には、アップルやマイクロソフトなどGAFAM(ガーファム)と呼ばれ、成長ハイテク業界を牽引する会社も入ります。

このように、アメリカ株を始めることはそれほど難しくありません。『米国会社四季報2020秋冬号』には、初心者向けの基礎知識をQ&A形式で掲載しています。

また、どんな有望銘柄があるのかもっと知りたいという人は、同誌でランキングを参照することもできます。売上高成長率や配当利回りを集計しています。また『会社四季報オンライン』でも定期的にアメリカ株のランキングの最新版を配信しています。ぜひあなたに合った銘柄を発掘してください。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT