アメリカの「赤字」航空会社の株価が上がるワケ デルタ航空の最新決算に2つの注目ポイント

印刷
A
A
世界トップクラスの航空会社が発表した最新決算の中身とは(写真:デルタ航空)

先週4月13日のアメリカ株式市場で、ひときわ注目を浴びた企業がある。空運業界で世界トップクラスのデルタ航空だ。

アメリカン航空などのライバル企業に先駆けて、最新の2022年度第1四半期(1~3月)決算を発表した。営業損益(調整後、以下同)は7億9300万ドル(約991億円)の赤字、1株当たり損益も1.23ドルの赤字だったが、同日の株価は前日比プラス6.2%と急騰。同業各社の株価も”ツレ高”した。

好業績が株価上昇につながるケースが多い中、赤字のデルタ航空の株価が急上昇した背景には2つのグッドニュースがあった。それぞれを丁寧に見ていくことは、日本のANAホールディングスや日本航空(JAL)をはじめ、空運業界のアフターコロナを見通すうえで参考になるはずだ。

「3月はデルタ航空の歴史上、最高の売り上げを記録」

「ビジネスや旅行の需要が回復し、3月はデルタ航空の歴史上、最高の売り上げを記録した。これまでの最高だった2019年春に比べて、座席数が10%少ないにもかかわらずだ」

米国会社四季報 2022年春夏号(週刊東洋経済臨時増刊)
『米国会社四季報 2022年春夏号(週刊東洋経済臨時増刊)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

決算発表後のオンライン説明会で、当社のエド・バスティアンCEOは力強く語った。

新型コロナウイルス「オミクロン株」の影響が薄まり、ビジネスクラスやファーストクラスなどプレミアム座席のチケット販売がコロナ前(2019年1~3月)の77%まで回復。当社がクレジットカードに「デルタ」ブランドを提供しているアメリカン・エキスプレスからのロイヤルティー収入や、貨物輸送事業の成長も大きく貢献している。

その結果、第1四半期の売上高はコロナ前の79%に当たる82億ドル(約1兆0250億円)。2022年初に発表した予想数値を上回った。

コロナの影響が残りつつも思っていたほど悪くなかった、というのが1つ目のグッドニュースだ。バスティアンCEOによると、「ウクライナ紛争による旅客需要への影響は今のところ出ていない」という。

次ページ4月以降はコロナ前の9割まで回復?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT