J-REITの信用力は二極化が鮮明、資金調達環境は回復の兆し《スタンダード&プアーズの業界展望》


アナリスト 小野寺亮
井澤朗子

2009年の国内不動産投資信託(J-REIT)業界は、不動産賃貸市場がオフィスを中心に軟化基調となり、収益性が低下するJ-REITも多かった。その一方で、厳しい資金調達環境のなか、年初不安視された資金繰りについては、「不動産市場安定化ファンド(官民ファンド)」の創設など、行政による資金繰り支援策により、市場参加者のJ-REITの資金繰りに対する厳しい見方はやや後退した。

年後半にかけて、スタンダード&プアーズが格付けを付与しているJ-REIT11社(以下「格付けJ-REIT」、表1参照)を中心にリファイナンスの安定度が増し、金融機関からの新規融資や短期投資法人債が発行され、11月には1年3カ月ぶりに公募増資が実施された。その後も複数の投資法人が公募増資を行った。一方で、引き続きリファイナンスに苦慮し、厳しい融資条件での借り換えが続くJ-REITもある。


マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。