『世界クジラ戦争』を書いた小松正之氏(政策研究大学院大学教授)に聞く--食を地球的な課題と多様性を持って考えよ


 最初は90年まで5年間の暫定的な禁猟期間を経て再開ということだったが、90年から今ちょうど20年経ってもそのまま。その間、日本は87年から商業捕鯨に必要なデータを科学調査する、つまり調査捕鯨で南氷洋に出て、94年に北西太平洋でも調査船団を出し、それぞれ拡充して現在に至っている。

調査捕鯨は条約の8条に基づいている。その副産物の「上がり」でまた翌年以降の調査を続ける形が公認されている。ただ、最近の捕獲頭数は割り当て頭数を下回る。実際、この3年、07年に505頭、08年551頭、09年679頭にとどまる。割り当て枠は851頭に設定されている。こういうことが続くと、経費が確保できず、持続が難しくなることもありうる。

--世界的には反捕鯨国が優勢なわけです。

現在、IWCの大勢は、加盟88カ国のうち、反捕鯨国が49カ国、捕鯨支持国が35カ国見当。捕鯨支持国は条約にうたうように、クジラを科学的根拠に基づいて持続的に利用し、関連産業の健全な発展を目指すという考え方だ。

一方で、反捕鯨国は、確かに国際捕鯨取締条約はあるが、条約は時代とともに変遷する、条約自身を変えなくてもその解釈が変わっていくべきというもの。科学的根拠に対しても、もともと科学は往々にして間違う。したがって予防的措置として獲らないことも重要という立場だ。

--クジラの頭数自体は。

たとえば南氷洋で想定ラインを引き、囲いを作った形にし、船を出して目視調査をして頭数を数え、それを全体に引き伸ばして計算する。ミンククジラは最近時の合意は76万頭だが、46万頭に修正すべきという見方もある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング