トランプ感染後、断食で祈ったインド人の末路

トランプを神とあがめ、自宅に銅像もつくった

国民的にアメリカのトランプ大統領の人気が高いインド。インドのモディ首相とイメージ戦略が似ているという見方も(写真:REUTERS/Adnan Abidi)

インドにはアメリカのトランプ大統領に心を奪われている人が少なくないが、ある田舎で暮らす農民はトランプ氏を自らの神とあがめ、裏庭にまつった等身大のトランプ像に毎朝祈りをささげていた。

その村の村長によると、農民の名前はブッサ・クリシュナ。まだ若く、トランプ氏の「歯に衣着せないストレートな物言い」に引きつけられていたという。

断食を始め、深刻な鬱状態に

トランプ氏が新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表すると、クリシュナさんは精神的にぼろぼろになった。クリシュナさんはフェイスブックに動画を投稿し、涙ながらに訴えた。「私の神、トランプがコロナに感染し、とても悲しい。彼の1日も早い回復を願って、皆さんにも祈りをささげてもらえるようお願いしたい」。

家族の話では、クリシュナさんはコロナ感染に苦しむトランプ氏に連帯を示そうと断食を始め、深刻な鬱状態となった。そして11日に心不全で亡くなった。

トランプ氏に対する熱烈な信仰によって、クリシュナさんはインドではちょっとした有名人になっていた。全国ニュースで取りあげられることもしばしば。クリシュナさんの死はインド中で話題になった。

いとこのヴィヴェーク・ブッカさんによると、クリシュナさんは肉体的に健康で、とくに病気もなく、心臓病を患ったこともない。クリシュナさんが断食で死んだことを裏付ける証拠はない。

一方、トランプ氏はさまざまな投薬治療によってコロナから回復し、「パワーがみなぎっている」のを感じていると話した。ホワイトハウスやトランプ氏が、インドにこれほど熱狂的なファンがいることに気づいていた様子はない。

次ページ国政をも動かすインドのトランプ人気
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT