ロールスロイスが高級車の代名詞になれたワケ

経営破綻・身売りを経て19年に最高売上を達成

創業年の1904年製「10HP」。当時はボディを製作するコーチビルダーによってさまざまなカタチが作られた(写真:「OCEANS」編集部)

始まりはロールスとロイスのランチミーティング

イギリス、マンチェスターの老舗ホテル「ザ・ミッドランド・マンチェスター」の入り口には、1枚のプレートが掲げられている。記されている言葉の和訳は、こうだ。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「1904年5月4日、チャールズ・スチュワート・ロールスとフレデリック・ヘンリー・ロイスはこのホテルで顔合わせを行った。そのミーティングは、ロールス・ロイスの形成へとつながった」

チャールズ・スチュアート・ロールスは、貴族の出身のレーサーであり、自動車の輸入販売も行っていた。

一方のフレデリック・ヘンリー・ロイスは、電気技術者だった。購入した自動車に満足できず、自ら自動車製造に乗り出す。開発した車は「10HP」。ロールスは、この車のテストドライバーを務めたひとりだ。

フランス車を輸入販売していたロールスは、優秀な国産(イギリス)車を販売したいと思っていた。彼はロイスの開発した「10HP」が非常に優秀だと気づき、冒頭のザ・ミッドランド・マンチェスターでロイスとのランチをセッティング。

ロイスが製造するすべての車をロールスの会社で独占販売する契約を打診する。ロイスの答えは、もちろんイエスだった。

1904年の創業以来、2気筒の「10HP」、3気筒の「15HP」、4気筒の「20HP」、6気筒の「30HP」と車種を増やすロールス・ロイス。

この頃から、ロールス・ロイスのデザインアイコンであるパルテノン神殿をモチーフにしたグリルが採用されるようになった。

余談だが、ロールス・ロイスの象徴であり、フロントグリルの上に鎮座する「スピリット・オブ・エクスタシー」は、自動車雑誌の編集者がマスコットとして装着。1911年頃から公式マスコットとなった。

第二次世界大戦前は、主にエンジンや足回りなど“シャシー”部分をロールス・ロイスが、ボディや内装は名門コーチビルダー(馬車製造業出身も多い)が手掛けていたこともあり、多くの富裕層を獲得してきた。

次ページ昭和天皇も愛した「シルヴァーゴースト」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT