団長安田「我慢強すぎる芸人」の波乱曲折人生

安田大サーカスを率いる男が歩いてきた道

「勘三郎さんが『アドレな!ガレッジ』(テレビ朝日)という番組で俺が池にハマって『俺らなにしに来たんすかね?』って言ったシーンを、すごく面白かったって褒めてくれたんです。『あの一言で企画が成功したよね』とまで言ってくれました。

たとえ手応えを感じない仕事でも、どこかで見てくれる人がいるんだなと知り、芸人を続けることにしました」

そこで、あらためて自らをかえりみた。HIROさんとクロちゃんにネタをふるクセが染み付いていた。

まずは1人で舞台に立とうと思った。

「結局、おしゃべりが好きだってところに行き着きました。とくに内容は決めず、お題だけ持って1時間話すというイベントを始めました」

イベントは2カ月に1度開催した。

1人で話すのに慣れてくると、ラジオなどに呼ばれたときにずいぶん楽に話せるようになった。

またイベントの中で生まれたネタが注目されて、テレビでしゃべる機会も増えてきた。

だんだん1人でも大丈夫だなと思えるようになってきた。

また団長さんは「自転車芸人」という新たな顔も持った。

そもそもは高校時代に興味を持ったロードバイクを2006年に出演した「関口宏の東京フレンドパークII」のダーツのコーナーで手に入れたのがはじまりだった。

ロードバイクにハマり、さまざまな大会に出場している(筆者撮影)

「初めてロードバイクに乗ってみて、こんなに速くて、楽にスピードが出るんや、って驚きました。自転車は、スポーツとして楽しい、プラモデルみたいにいじっても楽しい、コスプレみたいな楽しみ方もあって、さまざまな面白い要素が凝縮されているんですよね。ハマりました」

それからはさまざまな大会に出るようになった。

しかし「温海トライアスロン大会」では落車して、救急搬送されてしまった。右脳と左脳の間に傷が見つかり、しばらくは自転車や自動車の運転は禁止された。

ただ、傷が治るとすぐに復帰し「第3回南紀白浜トライアスロン大会」など大きなレースに出場した。

来年、もしトライアスロン大会が再開されたなら、世界戦の権利をとり世界大会に出場するのを目標にトレーニングを続けている。

「24時間自転車生活」の達成で大反響

そして冒頭でも書いたが、「水曜日のダウンタウン」の企画である「24時間自転車生活」達成も大きな反響があった。

「あの企画では内心『頑張れば2日間はいけるな』って考えてました。そもそも睡眠時間短くても大丈夫ですしね」

ただ、スタッフの人たちはそうは考えていなかったようだ。おそらく5~6時間で全員転んでしまい、解散になると想定していた。

「時間が経つにつれ、だんだんスタッフさんから『早く終われよ』っていう空気が流れてきました(笑)」

まずは技術さんが帰ってしまった。次いで演出さんも帰ってしまい、最後にはロケ車もいなくなってしまった。現場にはほとんど誰もいなくなった。

団長さんはただ1人でぐるぐると校庭を回り続け、24時間自転車生活を完遂した。

「企画が終わった後は、とぼとぼと1人で電車で帰りました(笑)」

そんな我慢対決では、VTRを見ている松本人志さんに

「面白いことまったく言わない……」

と突っ込まれたこともあった。

でも団長さんは、それはそれでいいんじゃないかと思った。

次ページ「お笑いは大好きだけど、ある意味お笑いを捨てた」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT