古くさい野球界が、やっと変わり始めた 侍ジャパンが打ち破る、プロ・アマの壁

印刷
A
A

もうひとつの策が、Kボールだ。硬式球と軟式球の中間ほどの硬さで、跳ねにくく、飛距離が出にくいことが特徴とされている。硬式球より危険防止の点で優れるため、中学校の校庭では硬式球の使用を認められないものの、KボールならOKというところが少なくない。ひと昔前のように空き地がなくなり、公園で野球をしづらくなったことへの打開策として、校庭をもっと有効利用しない手はないはずだ。Kボールがその突破口となるかもしれない。

五輪種目復活を目指す

「このままでは、野球人口はどんどん減っていきます。プロもアマもいいとこ取りを互いにして、一本になってやっていくべきです。2020年東京五輪での競技種目復活も目指して、一緒にやっていきたい」

そう話す鈴木は、野球を世界に普及すべく動いている。フランス野球・ソフトボール連盟の名誉会員である吉田義男と協力し、今夏にはフランス、オランダ、ベルギー、日本の4カ国で国際大会を実施する予定だ。日本からは社会人ナンバーワンを決める都市対抗野球の優勝チームが出場する。野球ファンの間では知られているが、オランダはヨーロッパで最も野球が盛んであり、ここ5~6年で急速にレベルアップを遂げている。さらに言えば、国際オリンピック委員会の委員はヨーロッパが多数を占めるため、かの地で野球を普及させるのは、競技種目復活に向けて不可欠だ。プロ側も、さまざまな点で協力しているという。

日本社会の縮図としての野球界――。

プロとアマがいがみ合ってきた野球界は、競技人口&観客減少という危機に直面し、ようやく変わろうとしている。その歩みは、人口が減少の一途をたどる日本社会にとって、参考になるはずだ。昨今のビジネスシーンでは、多くの仕組みが日々刻々と変わっている。むしろ変わることができなければ、生き残ることはできない。

球界に明るい未来が訪れることを、ひとりの野球ファンとして心より願う。同時にひとりのジャーナリストとして、今後を厳しく見ていくつもりだ。

(=敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT