東京の男性が将来「要介護」になるリスク高い訳

閉じこもっていないのに孤立していると危ない

大都市と地方では、お店の数や人が集まる場所、交通手段などが異なり、人付き合いのあり方も違ってきます。そこで、私たちは次の4つの地域で大規模な住民調査を実施しました。

①【大都市】東京都大田区
②【ベッドタウンモデル】埼玉県鳩山町
③【中山間部モデル】兵庫県養父市
④【山間部モデル(観光地)】群馬県草津町

調査結果を集計し、「フレイルの多い地域、少ない地域」を割り出したところ、フレイルに該当する人がいちばん多いのは、大都市の人口密集地でした。

なかでも男性高齢者のフレイル率が高く、なんと30%に達していたのです。3人に1人弱がフレイルというのは深刻な事態です。

この差はどこから生じるのか?

フレイル診断に用いた「筋力・栄養・社会参加」の3要素のうち、筋力、栄養は地域差がさほど見られませんでした。

『100年時代の健康法』(サンマーク出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そう、都会の男性のスコアが最も低かったのは社会参加です。女性でも都会は社会参加スコアが低かったのですが、男性ほど極端ではありませんでした。

大勢がひしめく街中に住んでいるにもかかわらず、都会の男性ほど誰ともつながりを持たないまま、孤独に暮らしている傾向にあります。

都会のほうが人口は多く、また社交や買い物の場所はたくさんあっても、都会の男性は“つながり貧乏”の傾向にあるといえるでしょう。

もしもあなたが、「都会に住む男性・前期高齢者」であれば(もしくはそうなったとき)、食卓の品数、そして社会参加の度合いという点で、赤信号が点滅しているかもしれません。

毎日のおかずの数、そして他者との交流を意識してほしいと私は思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT