成長株「金利ゼロだから割高じゃない」にご用心

イールドスプレッドの正しい見方を伝授

株価とその近隣の割高・割安を見るうえで、よく使われるのが「イールドスプレッド」です。

1990~2000年頃のイールドスプレッドはレンジの中で変動している(写真:「Monthly TREND REPORT」のキャプチャ画像)

これは株式の益回りから米10年債利回りを引き算した差ですね。2000年のITバブルのピークの頃が、マイナス2%というところで、今がプラス3.5%という感じです。

そうすると全然違う。株だけを見ていたら、2000年と今と同じぐらいのPERなんですよ。ただ金利水準が5%ぐらい違いますから、このイールドスプレッドも5%ぐらい違ってくる。「金利がゼロだったら、別に株が高くていいんじゃないですか」という議論がけっこう多い。

レンジで動かないと議論できない

なぜそれがうまくいかないのか、ということなのですが、金利と株の関係で、高い・安いと言えるのは、ちょうど1990年から2000年ぐらい。

この期間の特徴は、この黄色のラインとオレンジのラインの間で上に行ったり、下に行ったりしていますよね。そうすると、この黄色に近づいたときが、株が割高です。オレンジのところは割安。オレンジまで行ったら真ん中に戻る。黄色まで行っても真ん中に戻る。そういう傾向があると、高い・安いという議論が成立するんです。

割高・割安という話をするためには、ある数字がレンジで動いてくれないといけない。PERだったら10倍まで行ったら安いけど20倍は高い、15倍ぐらいがちょうどいい。こういう動き方をしてくれないと、高い・安いとはいえない。

では、そういう考え方がなぜ機能しなくなったのか。以降は動画でご確認ください。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT