新型コロナ第2波でも上昇しそうな会社とは?

『会社四季報』から見た2020年度最新予想

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。第6回の後編では『会社四季報』の山本直樹編集長が、最新の夏号から今後の企業業績の動向を読み解き、あわせて「新型コロナウイルス第2波」が来ても強そうな銘柄の候補を複数挙げます(詳しくは動画をご覧ください)。
前編:『今の株式市場は危ない「超バブル」状態なのか?

2020年度は16%営業減益、厳しい自動車・機械業界

――新型コロナウイルスの影響が懸念されますが、企業業績の動向をどうご覧になっていますか? 夏号のポイントを交えながら教えてください。

山本:今回、2020年度の企業決算に関しては、3月期本決算企業の6割弱が「新型コロナウイルスの影響が不透明」などとして、業績予想を非開示にしています。そのなかで、『会社四季報』夏号では、7月以降、企業活動が正常に向かうという前提のもとで、掲載の上場会社全3778社に対して独自予想を行いました。

その結果、全産業ベースの2020年度の業績予想は、売上高が前期比8.2%減収、営業利益は同16.0%減益という結果になりました。2019年度も2018年度比23.7%の営業減益だったため、「2期連続の2桁減益」ということになります。これを製造業・非製造業の区分けで見ると、前者が10%減収、11.6%営業減益、後者が7.2%減収、20.5%営業減益となります。

さらに業種別で見ると(いずれも営業損益)、自動車を含む輸送用機器が65%の減益予想。2019年度も44%減益だったので、さらに悪化する見通しです。また機械も28.4%減益、空運に至っては赤字、陸運も60.5%減益です。陸運には好調だった鉄道も含まれるため、人と物の動きがストップしてしまったような数字です。また小売り(外食を含む)も27.8%減益予想です。

次ページコロナ不況下でも儲かっている企業は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT