総まくり!47都道府県の売上ナンバーワン企業

宮崎は名産品企業が活躍、あなたの地元は!?

ただ、産業の個性が際立つ都道府県ばかりではない。業界別にみると、47都道府県のNo.1企業が属するもっとも多い業種は小売り業だ。全体の3割に当たる13県が該当している。

そのうち7県はスーパーである。千葉県のイオンリテール(2兆1854億円)、福島のヨークベニマル(4453億円)、滋賀の平和堂(3748億円)、岐阜のバロー(2919億円)、和歌山県のオークワ(2614億円)、秋田県のイオン東北(1033億円)、山形県のヤマザワ(869億円)が並ぶ。

小売りが全体の3割、電力会社も目立つ

スーパー以外では、茨城のケーズホールディングス(5757億円)と群馬のヤマダ電機(1兆3965億円)といった家電量販店。新潟はホームセンター大手のコメリ(3353億円)、石川はドラッグストア中堅のクスリのアオキ(2509億円)が1位だ。

小売りの次に多かったのは都道県の電力会社・石油会社などエネルギー業界だ。東京のENEOS(10兆0170億円)は石油元売りの国内1位。北海道電力(7213億円)、東北電力(2兆0256億円)、四国電力(6541億円)、九州電力(1兆8672億円)の電力大手は、各地域の売り上げトップになっている。沖縄でもサンエー(1907億円)やイオン琉球(893億円)といった中堅スーパーを抑えて沖縄電力(1945億円)が1位となった。

各地で個性的な企業が栄えるのは、地方活性化という意味でも望ましいものであるに違いない。47都道府県のトップ企業からは、これまでと違った点で、地域の特徴や課題が見えてくる。

【2020年10月13日 17時30分追記】初出時、図表の埼玉県の全国生活協同組合連合が「スーパー」となっておりましたが、「共済」に修正し、本文も上記のように修正いたしました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT