「カローラ」発売1年、順調でも微妙な通信簿

販売2位を成功と見るか、足りないと見るか

トヨタの広報を通じて内部資料を手に入れたところ、旧型の比率は、昨年夏から20~30%程度で推移していることがわかった。直近の2020年8月でいえば、約24%が旧型となる。

面白いのは、新型も旧型もステーションワゴンの人気が高いこと。とくに新型カローラでいえば、ステーションワゴンのカローラツーリングは、ハッチバックとセダンの合計の1.5倍以上も売れている。また、このカローラツーリングは、ステーションワゴンとミニバンからの乗り換えが多いという。

先代からの代替えが多いと考えれば、ミニバンからの乗り換えが新規のユーザーだと言える。なお、2019年の発売1カ月後の受注状況のアナウンスでは、カローラツーリングの受注の半数は、最上級グレードの「W×B(ダブルバイビー)」であったという。

販売台数のうち、旧型はわずかに2~3割という状況を鑑みれば、新型モデルは順調に新たな、より若いユーザーを獲得したのは間違いない。「新規ユーザーを獲得」して、「より多く売る」というミッションは無事にクリアしたのだ。

成功と見るのか足りないと見るのか

では、新型カローラは、完璧な成功を収めたと言えるだろうか。販売は順調とはいえ、「YES」と言うには微妙なところだ。カローラは「世界ナンバー1のベストセラーカー」なのだ。2位では足りないだろう。

実際に、7月と8月の販売では、順位を3位に落としている。ライズの上に「ヤリス」が1位に飛び出したのだ。さらにヤリスは8月末に「ヤリスクロス」という新型SUVを追加した。

ヤリスのSUV版として登場したヤリスクロス(写真:トヨタ自動車)

人気のコンパクトSUVがヤリスシリーズに加わったことを考えれば、さらにヤリスの数字が伸び、相対的にカローラの株が下がる。

そうとなれば、カローラにも新たなテコ入れが必要になるのではないだろうか。たとえば、7月にタイで公開された新型「カローラクロス」を日本に導入する案も一例だ。そうなれば、カローラだけでなく、国内市場のカンフル剤にもなるだろう。トヨタがどんなアクションを起こすのか、次の一手が需要な一手になることは間違いない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT