「カローラ」発売1年、順調でも微妙な通信簿

販売2位を成功と見るか、足りないと見るか

現行のカローラが登場する前の2017年、トヨタはカローラ生誕50周年記念イベントとして「カローラ花冠プロジェクト」を実施した。全国各地のカローラの販売店を巡るという大きなイベントで、ゴールはカローラの生産工場である宮城大衡工場であった。

取材に訪れた筆者がそこで目にしたのは、「過去50年と同様に、これからの50年間も、まだまだカローラをたくさん売っていこう」という意気軒高な販売会社の面々であった。

2017年のカローラの販売は年間8万台を切っており、販売ランキングは12位にまで落ちていた。当時のカローラのオーナーの平均年齢は70歳に近い60代。このままフェードアウトしそうなほど、カローラを取り巻く状況には勢いが感じられなかった。

このままディスコンになるのかもしれないと思っていた筆者は、カローラの存続と繁栄も未来永劫に続けていこうという販売会社の姿に、非常に驚かされたのだ。

最新カローラに求められたミッション

未来永劫にカローラを売っていきたいのであれば、新型カローラに求められるミッションは明確だ。「若いユーザーを獲得」して、そのうえで、「数多く売ること」だ。そのため、まずトヨタは2018年6月に、若者向けのハッチバックである「カローラスポーツ」を投入する。

カローラスポーツ。価格は216万9200円~282万4800円(写真:トヨタ自動車)

カローラは、過去にハッチバックをはじめクーペなど、数多くのボディバリエーションをそろえていた。しかし、近年のカローラは高齢化するユーザーに向けて、ボディ形状をセダン(カローラアクシオ)とステーションワゴン(カローラフィールダー)の2つに絞り、さらにボディの拡大も抑えていた。

日本以外で販売するカローラは、世界基準に合わせて大型化していったが、日本だけに高齢ユーザーに向けた小さなカローラが作られて販売されていたのだ。

そうした中、ハッチバックの新型モデルは「カローラスポーツ」と名付けられ、20~30代をターゲットにすると宣言された。そして、その1年後となる2019年9月に、セダンとステーションワゴン(カローラツーリング)の新型モデルが登場する。それが12世代目となる現行カローラだ。

次ページ若返りを図るも旧来客も忘れない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT