「カローラ」発売1年、順調でも微妙な通信簿

販売2位を成功と見るか、足りないと見るか

現行のカローラが登場する前の2017年、トヨタはカローラ生誕50周年記念イベントとして「カローラ花冠プロジェクト」を実施した。全国各地のカローラの販売店を巡るという大きなイベントで、ゴールはカローラの生産工場である宮城大衡工場であった。

取材に訪れた筆者がそこで目にしたのは、「過去50年と同様に、これからの50年間も、まだまだカローラをたくさん売っていこう」という意気軒高な販売会社の面々であった。

2017年のカローラの販売は年間8万台を切っており、販売ランキングは12位にまで落ちていた。当時のカローラのオーナーの平均年齢は70歳に近い60代。このままフェードアウトしそうなほど、カローラを取り巻く状況には勢いが感じられなかった。

このままディスコンになるのかもしれないと思っていた筆者は、カローラの存続と繁栄も未来永劫に続けていこうという販売会社の姿に、非常に驚かされたのだ。

最新カローラに求められたミッション

未来永劫にカローラを売っていきたいのであれば、新型カローラに求められるミッションは明確だ。「若いユーザーを獲得」して、そのうえで、「数多く売ること」だ。そのため、まずトヨタは2018年6月に、若者向けのハッチバックである「カローラスポーツ」を投入する。

カローラスポーツ。価格は216万9200円~282万4800円(写真:トヨタ自動車)

カローラは、過去にハッチバックをはじめクーペなど、数多くのボディバリエーションをそろえていた。しかし、近年のカローラは高齢化するユーザーに向けて、ボディ形状をセダン(カローラアクシオ)とステーションワゴン(カローラフィールダー)の2つに絞り、さらにボディの拡大も抑えていた。

日本以外で販売するカローラは、世界基準に合わせて大型化していったが、日本だけに高齢ユーザーに向けた小さなカローラが作られて販売されていたのだ。

そうした中、ハッチバックの新型モデルは「カローラスポーツ」と名付けられ、20~30代をターゲットにすると宣言された。そして、その1年後となる2019年9月に、セダンとステーションワゴン(カローラツーリング)の新型モデルが登場する。それが12世代目となる現行カローラだ。

次ページ若返りを図るも旧来客も忘れない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT