「カローラ」発売1年、順調でも微妙な通信簿

販売2位を成功と見るか、足りないと見るか

新型の特徴は、「プリウス」などと同じTNGA世代のプラットフォームを採用し、車格が高められた。ボディは拡幅され3ナンバーとなり、ディスプレイオーディオやスマートフォンとの連携機能などを採用。どう見ても、70歳に近づこうという従来の高齢オーナーではなく、若い人に向けての内容となっていたのだ。

しかし、旧来のユーザーを見捨てていないのも、さすがトヨタだ。なんと、5ナンバーの旧型モデルも併売の形で残したのだ。

併売されるカローラアクシオ(写真:トヨタ自動車)

旧型のまま販売される5ナンバーサイズのカローラアクシオとカローラフィールダーは、高齢ユーザーだけでなく、社用車としてのニーズにも対応するという。

つまり、現在のカローラはハッチバックの「カローラスポーツ」、新型セダンの「カローラ」、新型ステーションワゴンの「カローラツーリング」、旧型セダンの「カローラアクシオ」、旧型ステーションワゴンの「カローラフィールダー」という5車種からなる「カローラシリーズ」となった。

限りなく1位に肉薄した販売台数

では、新型カローラの実際の販売はどうなったのか。それは、乗用車ブランド通称名別順位の推移を見れば明らかだ。カローラスポーツの発売の前年となる2017年は年の前半には13位であり、通年では12位。往年を知るカローラファンであれば、残念至極のポジションだ。

ところが、カローラスポーツを投入した後となる2018年の通年は、8位にアップ。翌2019年前半は、さらに順位を上げて6位に。そして、セダンとステーションワゴンの新型を投入した後の2019年の通年は4位に。2020年に入ると、1~6月の前半戦で2位にまでポジションアップしている。

ちなみに1位は、コンパクトSUVの「ライズ」だが、1位と2位との差は、わずか1257台しかなかった。つまり1位に限りなく肉薄したのだ。新型の投入により、販売は順調に回復したと言える。

ただし、カローラの順位は、旧型モデルを含めたシリーズ全5タイプを総合した数字だ。重要なのは内訳で、これが旧型の比率が高ければ「若いユーザーを獲得できた」ことにはならない。

次ページ内訳で見た新旧モデルの割合
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT