「松本まりか」気になる人に伝えたい魅力の本質

最も旬な女優、甘い声の裏にあるたたき上げ

(写真:日刊スポーツ新聞社)

仕事柄、日ごろさまざまなメディアに出入りしていますが、ドラマ、バラエティ、CM、雑誌などを手がけるスタッフの間で、「今、最もキャスティングしたい」と言われているのは、松本まりかさん。実際、コロナ禍に見舞われている現在も、芸能界トップクラスの幅広い活躍を見せています。

最近の主な活動を挙げていくと、ドラマでは「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)と、「竜の道 二つの顔の復讐者」(カンテレ、フジテレビ系)に同時出演。

バラエティでは、今月だけでも7日の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)、9日の「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)、15日の「田舎で1000万円プレイヤー」(フジテレビ系)に出演。さらに、12日には大型音楽特番「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)でアーティストに交じって出演し、テレサ・テンの名曲「愛人」を歌い切りました。

テレビだけでなく雑誌からも引く手あまた

声優としての実績も豊富な松本さんには声の仕事も多く、「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(TBS系)でナレーターを務めているほか、5月にはコロナ禍の緊急特別番組「あたらしいテレビ 徹底トーク2020」(NHK)でもナレーションを担当。7月には清川あさみ監督のオンライン動画「人魚姫 第1~3部」(YouTube)の朗読も務めました。

CMでは、「ソフトバンク」の白戸家シリーズに出演中で、お父さん犬に声をかけて連絡先交換しようとするカフェ店員を演じていますし、9月から「ハインツ・大人むけのパスタ」のブランドアンバサダーに就任しました。

雑誌からも引く手あまた。9月の『プレイボーイ』で2号連続グラビアを飾ったほか、この1カ月あまりで『美的』『「MAQUIA」『anan』『GOETHE』にも出演。6日には読売新聞でも特集が組まれ、7日にはデジタル写真集「夏の魔物」もリリースされました。

テレビ出演時やネット記事では「怪演女優」なんて記号的な紹介をされがちですが、それはあくまで一部の姿。ドラマ、バラエティ、音楽番組、声の仕事、CM、雑誌、グラビアなどで活躍する芸能界屈指のオールラウンダーであり、年齢性別を問わず人気を集める存在なのです。

今月12日に36歳の誕生日を迎えた今、松本さんは、なぜこれほどのオールラウンダーとなり、幅広い人気を獲得する存在となりえたのでしょうか。彼女の言動を掘り下げていくと、ビジネスパーソンにも参考になり、励みになりそうなキャラクターが見えてきます。

次ページ継続の大切さを教える新たなシンボル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT