三浦春馬さんへの「遅すぎた支持」が映す虚しさ

ファン増、ネット沸騰、新曲ヒット、新作への期待

誹謗中傷の言葉を浴びせた人々は今何を思っているのでしょうか(写真:アフロ)

三浦春馬さんの訃報が伝えられた7月18日から、早くも1カ月あまりが過ぎました。しかし、現在も三浦さんに関する記事や書き込みは多く、むしろこの1週間はかなり増えた印象があります。

8月26日発売のシングル「Night Diver」がオリコン25日付デイリーランキングで初登場2位にランクイン。歌声を称賛する声のほか、完売で入荷待ちのショップも多く、「待ちきれない」などの声が上がっている。
8月26日夜に放送された「2020FNS歌謡祭 夏」(フジテレビ系)でOfficial髭男dismが映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の主題歌「Laughter」を歌唱するシーンに三浦さんの映像が登場。劇中で主演の長澤まさみさんと踊るシーンは、同番組の瞬間最高視聴率13.5%を記録した。
8月25日夜、9月15日スタートのドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)の予告映像が地上波で放送開始。無邪気な笑顔を連発する三浦さんの姿が反響を呼び、YouTubeではアッという間に再生回数200万回を突破した。
8月27日夜、レギュラー番組『世界はほしいモノにあふれてる』(NHK)が放送。最後の収録分だったため、悲しみの声が上がったほか、NHKには再放送を望む多くの声が寄せられ、9月3日には総集編の放送が決定した。

三浦さんの訃報を知ったあとにファンになった人

そのほかでも、各種動画配信サービスで三浦さんの出演作が人気を集めているほか、共演歴のある俳優たちがSNSにコメントするなど、注目度が下がる気配はまったくありません。それどころか、驚かされるのは、三浦さんの訃報を知ったあとにファンになった人の多さ。

「亡くなってから春馬さんの素晴らしさを知りました。でも直接会えないのは寂しい」
「できれば生前から応援したかった。『何でちゃんと見ていなかったのか』と後悔しています」
「(出演番組を)亡くなってから見るようになりましたが、とてもいい番組で、あらためてファンになりました」
「生前は特別ファンではなかったのですが、亡くなったことを知ったときにすごいショックを受けて気になりはじめ、春馬くんのことを知れば知るほど好きになっていきました」
次ページ三浦さんを今、称賛する声は本人には届かない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT