日本の成長率落ち込みを過小評価できない理由

外需により大きく振れる構造は変わっていない

新政権下でも当面は厳しい経済運営が続く(写真:ロイター/Issei Kato)

8日に内閣府が発表した4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率(2次速報)は前期比マイナス7.9%、年率でマイナス28.1%となった。西村康稔経済再生相は「年率マイナス30~60%となった欧米各国と比べ減少幅は抑えられている」とした(1次速報発表時点の発言)。

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を経験してロックダウンも行われた欧米の成長率は、アメリカが前期比年率マイナス31.7%、ユーロ圏は同マイナス39.4%だったことから、たしかに日本の成長率は相対的にはマイナス幅が限定されたと言える。しかし、筆者は日本の4~6月期のGDPは欧米並みに弱かったと考えている。そして、欧米並みに弱かった理由を考察すると、日本経済だけが高い成長を実現することは困難であることがわかる。

消費増税による「発射台の低下」の影響

この連載の過去記事はこちら

前述したように、「前期比」では日本の成長率のマイナス幅は欧米と比べて小さかった。

しかし、1年前との比較である「前年同期比」では様子が異なる。実質GDPの前年同期比はアメリカがマイナス9.1%、ユーロ圏がマイナス14.7%、日本がマイナス9.9%と、欧米との差は小さい。ユーロ圏ほど悪くはないが、アメリカよりは悪かった。

前期比のマイナス幅が小さかったのにもかかわらず前年同期比ではアメリカを超えるマイナスとなったのはなぜなのか。この背景には2019年10月の消費税率引き上げの影響がある。この影響で日本は2019年10~12月期にまとまった幅でマイナス成長となり、新型コロナウイルスの影響が顕在化する前に「発射台」が低下していた。その結果、4~6月期の前期比マイナス幅が小さくなりやすかったのである。

次ページコロナがなければ反動増のはずだった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT