東海林さだお「ビールのつまみは枝豆に物申す」

勇猛をふるって全国民的合意に異を唱えたい

「ビールに枝豆」は定番だと思っていませんか?(写真:shige hattori)
「丸かじり」シリーズなど、笑いと共感の食のエッセイの第一人者で、大のビール党である東海林さだお氏が、「ひとりで酒を飲むこと」についてひたすら考えた。今回は、東海林氏がどうしても枝豆をめぐる国民的合意について言いたいことを、『ひとり酒の時間 イイネ!』から抜粋して転載する。

「ビールには枝豆は合わない」

「ビールには枝豆」
これは国民的合意であり、日本人であるかぎりナンピトもこの組み合わせに異をとなえることはできない。

ビールと枝豆は、ほとんどセットとして考えられている。サンマに大根おろし、とろろ芋に麦めし、納豆に辛子、さつま芋におならなどと同様の、不動の組み合わせとして全国民的に受け入れられている。

サラリーマンが4、5人で居酒屋に入れば、

「とりあえずビール」
 であり、
「とりあえず枝豆」
 で宴はスタートする。

だがわたくしは今回、勇猛をふるってこの全国民的合意に異をとなえたい。「ビールに枝豆は合わない」

ああ、わたくしには全国民の非難の声が聞こえてくる。
「非国民!」
「国賊!」
「不逞(ふてい)の輩(やから)!」
「それを言っちゃあおしまいよ」

次ページなぜ「合わない」のか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT