サンリオ、「2分4000円」のライブ配信に賭ける訳 オンラインごしの触れ合いに申し込みが殺到

印刷
A
A

さらに、優先入場やパレードの場所確保ができる「ピューロパス」を導入することで2017年3月期には年間パスポート売り上げが前期比20.8%増加。そうした結果、2018年3月期からテーマパーク事業は黒字に転換。徐々に経営環境も好転し、債務超過解消の道筋も見え始めた矢先に襲ったのが新型コロナだった。

2020年3月期のサンリオエンターテイメント社の純利益は5800万円の赤字に転落。同社は依然として16億円の債務超過に陥ったままだ。

来場しなくても楽しめる施設に

債務超過などを解消していくためには、今までにない手段で売り上げを上げていく必要性がある。同社では「新しい生活様式に即したコンテンツを提供し、運営形態も工夫を重ねてコロナ禍前の営業状態を取り戻していく」ことに加え、「デジタル企画、オリジナル商品の通販を実施し、パーク外収益をあげていく」(同社広報)ことで債務超過の解消を目指していく。

小巻社長は「今まではピューロランドに来ていただくことが最優先だったが、今はそうではない。いつでも、どこでも、来なくても楽しめるピューロランドに、ユビキタスにならなければいけない」と語る。

エンターテインメント業界は今まで、実際に来場して楽しんでもらうことを優先してきた。コロナ後の新しいビジネスのあり方が模索されている。オンライングリーティングは1つの挑戦であり、ピューロランドの取り組みはその試金石だとも言えそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT