サンリオ、「2分4000円」のライブ配信に賭ける訳

オンラインごしの触れ合いに申し込みが殺到

サンリオピューロランドも新型コロナの影響を受けた(©2020 SANRIO CO., LTD.)

東京・多摩市でテーマパーク「サンリオピューロランド」を運営するサンリオ傘下のサンリオエンターテイメント。同社も新型コロナウイルスによって多大な被害を受けた。

ピューロランドは2月22日から7月12日までの約5カ月間、同施設の営業自粛を余儀なくされた。その結果、親会社であるサンリオの2020年4~6月期のテーマパーク事業の売上高は、前年比90.8%減のわずか2億1800万円にとどまった。

オンラインでキャラクターと交流

「4月時点では、年内の(営業再開は)無理かもという覚悟を持たないといけなかった」

こう話すのは、ピューロランド館長も務めるサンリオエンターテイメントの小巻亜矢社長だ。新型コロナの収束が見えない中、テーマパークの施設維持など固定費だけが消えていくという厳しい状況が続いていた。

オンラインでキャラクターと触れ合うことのできるライブ配信「オンライングリーティング」(©2020 SANRIO CO., LTD.)

そんな中、6月から同社が乗り出したのはオンラインでキャラクターと触れ合うことのできるライブ配信「オンライングリーティング」。グリーティングとは、サンリオの人気キャラクターであるハローキティやマイメロディなどと1対1で写真撮影をしたり、触れ合ったりするものだ。

同社では以前もこうしたライブ配信を検討したことがあったが、「来場者が減少する懸念もあり、できていなかった。しかし、新型コロナの感染拡大でやらないと生き残っていけないだろうと思った」(小巻社長)という。

次ページ「2分4000円」に多数の申し込み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT