サンリオ、「2分4000円」のライブ配信に賭ける訳

オンラインごしの触れ合いに申し込みが殺到

サンリオピューロランドも新型コロナの影響を受けた(©2020 SANRIO CO., LTD.)

東京・多摩市でテーマパーク「サンリオピューロランド」を運営するサンリオ傘下のサンリオエンターテイメント。同社も新型コロナウイルスによって多大な被害を受けた。

ピューロランドは2月22日から7月12日までの約5カ月間、同施設の営業自粛を余儀なくされた。その結果、親会社であるサンリオの2020年4~6月期のテーマパーク事業の売上高は、前年比90.8%減のわずか2億1800万円にとどまった。

オンラインでキャラクターと交流

「4月時点では、年内の(営業再開は)無理かもという覚悟を持たないといけなかった」

こう話すのは、ピューロランド館長も務めるサンリオエンターテイメントの小巻亜矢社長だ。新型コロナの収束が見えない中、テーマパークの施設維持など固定費だけが消えていくという厳しい状況が続いていた。

オンラインでキャラクターと触れ合うことのできるライブ配信「オンライングリーティング」(©2020 SANRIO CO., LTD.)

そんな中、6月から同社が乗り出したのはオンラインでキャラクターと触れ合うことのできるライブ配信「オンライングリーティング」。グリーティングとは、サンリオの人気キャラクターであるハローキティやマイメロディなどと1対1で写真撮影をしたり、触れ合ったりするものだ。

同社では以前もこうしたライブ配信を検討したことがあったが、「来場者が減少する懸念もあり、できていなかった。しかし、新型コロナの感染拡大でやらないと生き残っていけないだろうと思った」(小巻社長)という。

次ページ「2分4000円」に多数の申し込み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT