「ミシュランの星だらけ」の街で私が叫んだワケ

世界屈指の「美食の街」を歩いてみたら…

ハラユキさんがその街の中心で思わず叫んだ理由とは?

新型コロナウイルスの影響で、自由に旅することが難しくなって早数カ月。「遠くに行きたい」「できれば海外に行きたい」との思いを募らせている人も少なくないでしょう。

『オラ!スペイン旅ごはん 』(コミックエッセイの森)
(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)
東京・高円寺でスペインを楽しむ&食べつくす発売記念イベント開催中です

もうしばらくは辛抱のときが続きますが、いずれやって来る「その日」に備え、じっくりと情報収集し、気持ちを高めていくのも楽しいものです。

たとえばスペイン。東洋経済オンラインで大人気の連載「つかれない家族」を執筆するイラストレーターのハラユキさんは、2017年6月からの2年間、スペイン・バルセロナに住んでいました。

「食いしんぼう」を自認するハラユキさんが現地で2年間、全力で体験してきた「最高の食」とは?

新刊『オラ!スペイン旅ごはん』より3回にわたり抜粋してご紹介します。「ネギ」について取り上げた1回目、「タコ」についての2回目に続くこの3回目では、世界屈指の美食の街・サンセバスチャンという街について取り上げます。ハラユキさんが、サンセバの街の中心で思わず叫んだワケとは?

星は夜空ではなく、地上に輝く

次ページ世界屈指の街の正体は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT