トヨタが今、「旧車用パーツ」に力を入れる理由

3Dプリンターも活用されるGRヘリテージパーツ

トヨタ「2000GT」(写真:トヨタ自動車)

7月31日~8月2日に幕張メッセにて開催された「オートモビルカウンシル」でのトヨタ博物館のプレスカンファレンスで、トヨタ自動車の“GAZOO Racing Company”は往年の名車、トヨタ「2000GT」用の補修パーツを「GRヘリテージパーツ」として発売することを明らかにした。1月の東京オートサロンで発表された「A70/A80スープラ」用に続く第3弾ということになる。

まずは、GRヘリテージパーツについて説明しておこう。たいていの場合、クルマの補修部品は車両の生産・販売が終了して、一定期間が過ぎると廃版になる。販売終了となれば、その後はその車両自体の数が減少し、部品の需要も減るのだから当然だろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかしながら、名車やヘリテージカーと呼ばれるような車種の場合、1台のクルマが長く愛用される。あるいは、複数オーナーのもとを経由しつつ長く乗り続けられる例が少なくはない。むしろ、そういうクルマが後年になって名車・ヘリテージカーと呼ばれるようになる、とも言える。

自動車メーカーも、そうしたモデルのために走行に必要な部品を中心に在庫し、ロットがまとまれば再生産を行う場合はある。しかし、それで全部が揃うわけではなく、特に数十年も昔のクルマの場合、再生産しようにも部品の型が失われていたり、同じ材料が使えなくなっていたりといったことも多く、コスト面から廃版になる例も多い。

個人レベルでは難しい部品の再生産

ヘリテージカーのオーナーは、あらかじめ自分でパーツをストックしておいたり、オーナーズクラブなどを通じて全国から情報を集めて部品を確保したり、有志を募って再生産を行ったりして、大事なクルマを維持している。しかし、個人レベルではそれにも限度がある。

コストがかかるだけならまだいいが、エンジンや駆動系、サスペンション、あるいはボディパーツやエンブレムといった復刻・再生産がしづらいパーツの場合は、見つからなければ、もう手がないのだ。GRヘリテージパーツは、こうした悩みにメーカー自身で応えるべく展開される事業である。

最初に発表されたのは、冒頭に記した通りトヨタを代表するスポーツカーであるスープラ用のパーツだ。A70は1986年デビュー、A80はその後継として1993年に登場したモデルで、ともに今でも高い人気を誇る。

次ページ2000GT用はトランスミッション部品を供給
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT