テレワークの生産性をぐんと上げる3つの朝活

オフィス勤務と同じリズムを作ることが大切だ

ビジネスにおいて直面する問題を解決するには、それなりのパワー、エネルギーが必要だ。その力の源は「意志力(ウィルパワー)」が深く関係している。

筋肉と同じように、意志力は使いすぎると消耗してしまう。そのため、できれば不必要な行動や感情的なイライラを減らすほうがいい。

通勤がなくなる分、意志力を鍛える時間に

ご存じのとおり、日本人の通勤にかかるストレスは世界でも突出している。そこで消耗されるビジネスパーソンたちの意志力の強さははかりしれない。会社に到着したころには、すでに過半の意志力を失っている社員も少なくない。日本の国力ダウンにもつながっているのではないか、と思うほどの損失だ。

だから通勤そのものをなくし、その分の時間をちょっとした運動や読書、マインドフルネス瞑想などに使うことで、当然のことながら意志力を温存できる。それに鍛えることもできる。

つまり意志力の観点からすると、在宅でテレワークができれば仕事のパフォーマンスも上がるだろう。慣れないからといって、テレワークを敬遠するのはよそう。朝の過ごし方、準備のやり方によって劇的に生産性はアップする。そうすることで、結果的にクオリティ・オブ・ライフもまた向上させることができるのだから。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT