夏の「ポカリ」CMが女子中高生の心を捉えた理由

コロナ禍でも自然体、ポジティブな発信を好感

大塚製薬/ポカリスエットCM「ポカリNEO合唱 ボクらの夏」篇 60秒

例年8月は新CMが少ない傾向にあるが、今年はコロナ禍も加わったことで8月前期の新CM数としては、月2回の調査を開始した2004年4月以降で過去最少の324篇にとどまり、ランキング上位には既存CMが目立った。

CM好感度の首位にはソフトバンク『SoftBank』が立った。「5Gってドラえもん?」をコピーに、ブルース・ウィリスがドラえもん、鈴木福が15歳ののび太を演じるシリーズの新CMで、のび太らの下校中の一幕を描いた。5Gで実現する自由視点映像について尋ねるジャイアンに、スネ夫が「タケコプターで自分の好きなところから見るのと一緒」と答える。ドラえもんがタケコプターを差し出すも「ドラえもんの道具いらなくね」などと言われてしまう内容だ。

意外性のあるキャスティングとコミカルなストーリーで分かりやすく5Gのベネフィットを訴求し、小学生からシニアまで幅広い世代の支持を集めた。

長く愛される『ゼスプリ』と『DMM英会話』

2、3位には4~6月にかけて大ヒットしたCMがランクインした。2位は“キウイ・ブラザーズ”が「♪ヘルシーは好きなことを楽しみながら」などと歌い踊るCMを展開するゼスプリインターナショナルジャパン『ゼスプリ キウイフルーツ』。6月下旬にスポットを中断していたが、当期は60秒CMのみの展開で62回オンエア。心和ますCMソングやキャラクターのかわいらしさが引き続き高く評価された。

3位はDMM.com『DMM英会話』。矢作兼が講師役のアイクぬわらから英会話のオンラインレッスンを受けるCMが好調で、7月10日にスポットを再開すると7月後期、8月前期と2期連続のトップ3入りを果たした。

ランキング上位のうち、注目したいのは5位の大塚製薬『ポカリスエット』。汐谷友希ら大勢の中高生がCMソング『ボクらの歌』を歌う自撮り動画をつないだCMの続篇で、汐谷ら“青波高校”の1クラス36人が一堂に会して“ポカリNEO合唱”を披露する作品だ。

次ページ8月らしいCMが上位に登場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT