美筋女王「年1000個おはぎ」食べても太らない訳

ブーム到来?凄い「魅力」「健康効果」を徹底解説

ところで「おはぎは多くのスポーツ選手やアスリートが好んで食べている」のをご存じでしょうか。

おはぎは「最強のアスリートフード」

私は甘いものを食べたくなったら、迷わず和菓子、なかでもおはぎを選びます。さらに言うと、「おはぎで栄養補給をし、体づくりをしている」とさえ言えます。

おはぎは脂質がとても低く、高タンパクで腹持ちがいい、つまりアスリート向けの食べ物といえるのです。

とくにおはぎの「もち米+小豆」の組み合わせは、エネルギー変換スピードが非常に速い。小豆の「ビタミンB群」が糖の吸収をアップさせ、すぐにエネルギーに変わる作用があります。また小豆は「高タンパク・低脂質」で、必須アミノ酸をバランスよく含む良質なタンパク源です。

かつてラグビー日本代表の選手たちも、ワールドカップの「マッチミール」としておはぎをリクエストしたそうです。おはぎは「カーボローディング食」として、アスリートたちの間では定番メニューとなっているのです(「カーボローディング」とは、アスリートなどが競技や試合の前に必要なエネルギーを体内に蓄えるための食事戦略)。

カラダを動かすエネルギー源である「グリコーゲン」(糖質)を試合前にできるだけ体内にため込んで、長時間にわたる激しいエネルギーの消耗に耐えることができるようにするのです。

おはぎは「持続力が必要な時のエネルギーチャージ」に、手軽に取り入れられる食べ物として、その効果が見直され、注目されています。

つまり、「おはぎは最強のアスリートフード」のひとつといえるのです。

次ページおはぎのスゴさを徹底解明!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT