事故物件住みます芸人が求め続ける壮絶な現場

売れっ子になり映画化されても「恐い」を究める

「事故物件住みます芸人」の松原タニシさん。彼が「恐い」を追い求め続けるわけは?(撮影:村田らむ)

松原タニシさん(38歳)は、人が事故により亡くなってしまった部屋「事故物件」にあえて住む「事故物件住みます芸人」である。

そもそもは「北野誠おまえら行くな。」(エンタメ~テレ)という番組で、「若手芸人が事故物件に住み、カメラに幽霊が写ったらギャラがもらえる」という企画に参加したのがキッカケだった。

その企画は盛り上がり終了したが、タニシさんは事故物件に住むのを止めなかった。

関西と関東に自腹で事故物件を借りて住み始めたのだ。

そして2018年、5軒目の事故物件に住んでいるとき、それまでに起こった出来事などを書き下ろした『事故物件怪談 恐い間取り』(二見書房)を上梓した。話題に上り、次々に増刷がかかり、今年の7月には続編である『事故物件怪談 恐い間取り2』(二見書房)も発売され、こちらも大きくヒットしてシリーズ累計20万部を突破している。

亀梨和也主演の映画が8月28日に封切り

そして本著はなんと『事故物件 恐い間取り』として、監督:中田秀夫、主演:亀梨和也、で映画化されることになった。

8月28日から全国で公開される。もちろん映画はフィクション作品だが、おおむね松原タニシさんの設定や経験がベースになっている。

『事故物件 恐い間取り』©️2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会。8月28日(金)全国公開

1人の芸人がヒッソリと始めたチャレンジが、今、全国の人たちに注目されている。

今や時の人なのだが、久しぶりに会うタニシさんは、以前と変わらずひょうひょうとしていた。

「調子には乗らないようにしよう、といつも心がけています。本が売れたのも、映画になったのも、全然、僕がすごいとかじゃないので。事故物件に住むことを勧めてくれた北野誠さんはじめ、僕の周りにいてくれた皆さんのおかげで、たまたま成功しただけだと思います」

と、とても謙虚だった。

地方で仕事を終えた後、宿泊したスーパー銭湯の休憩室で話を聞いた。

『事故物件怪談 恐い間取り』が発売されたのは2018年の6月末だった。その頃は、タニシさんは金銭的にかなり厳しかったという。

「お笑いの収入は雀の涙でした。アルバイトで稼いでなんとか生活してました。ラーメン屋、おにぎりの配達、千日前のバーでバーテンダーもしてました。月収14万~15万円でしたね」

お笑いは非常に厳しい世界だ。本業だけで食べていける人はほんのわずかだ。アルバイトで稼ぐのは当たり前だ。

だが、タニシさんの「事故物件に住む」という活動には普通に生活する以上にお金がかかる。アルバイトの収入だけで2軒の家を借りるというのは、かなり厳しかった。

次ページ著書が売れ、印税がドンと振り込まれたが…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT