「うなぎのひつまぶし」を簡単に美味しく作る技

夏のスタミナ食、市販の蒲焼にひと手間かけて

まずうなぎの蒲焼を準備……って、もしうなぎの身を捌くところから始めたいという方はお近くのうなぎ料理店にでも弟子入りをお願いしてみてください。うなぎは裂き3年、串打ち3年、焼き一生といわれ、一人前の職人になるまで10年以上かかるといわれています。

ここではその10年を一気にワープして、すでにおいしそうに焼かれているうなぎの蒲焼をスーパーなどで求めるところからスタートします。

市販の蒲焼にひと手間かけてさらにおいしく

ただ、この市販の蒲焼をそのまま使うのではなく、ひと手間かけることでさらにおいしくするテクニックを野本さんが教えてくれました。これをやるのと、やらないのとでは仕上がりに大きな差が生まれますので、ぜひトライしてみてください。

【作り方】

まずは出汁づくりから(写真:LEON編集部)

まず、ひつまぶしを最後にお茶漬けで楽しむための出汁を作りましょう。お好みのものでとった出汁を鍋に入れ、ひと煮立ちさせたら、薄口醤油と塩で味つけをします。

次に買ってきたうなぎの蒲焼をバットに入れ、熱湯をかけます。この蒲焼を「お風呂に入れる」ことで、余分な脂分や、くさみが抜け、上品な味になるのだそう。

次ページアルミホイルで包んでトースターへ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT