夏の定番アイテムの見落としがちな洗濯方法

白スニーカーは事前準備で洗い上がりに差

夏の定番アイテムの洗い方のポイントを、洗濯のプロに教えていただきました! (写真:FabrikaSimf/PIXTA)
ブラトップや白スニーカー、子どもの夏服……そんな夏の定番アイテム、どうやって洗う? 夏ならではの洗い方のポイントを、洗濯のプロに教えていただきました。

夏アイテムの洗濯で大切なこととは?

連日猛暑日が続き、立っているだけでも汗が噴き出してくるような毎日。こんな季節は、衣類のベタつきや汗ジミ、黄ばみなんかが気になりますよね。子どもも汗をかいて帰ってくるので、洗濯物のにおいや菌も気になるところ。

ということで、今こそ知りたい夏の定番アイテムの洗濯方法を、お洗濯マイスターの大貫和泉さんに教えていただきました。

夏アイテムの洗濯方法 1:ブラトップ

着心地も楽ちんでインナーとしてもトップスとしても使える「ブラトップ」は、夏に大活躍してくれる1枚。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

でも、「カップが型崩れしてシルエットが変わってしまった」「肩ひもや生地がヨレヨレになった」など、どうやって洗濯したら長持ちするのかいまいちわからない……。そんなブラトップの洗濯方法と洗濯のポイントをご紹介します。

ブラトップの洗濯方法

1:においや汗が気になる部分は前処理を

真夏は汗汚れやにおいが心配な人も少なくないはず。そんなときにはまず前処理をしておくのがおすすめです。汗が気になる脇の下やアンダーバスト部分などに「おしゃれ着用洗剤」の原液を直接塗布し、キャップの底などで軽くたたいてなじませておきましょう。

2:洗濯機の「弱水流コース」で洗濯

前処理をしたら、洗濯ネットに入れて洗濯機の「手洗い・ドライ対応・おしゃれ着コース」などの「弱水流コース」で洗濯します。このとき洗剤は、通常使用する洗剤量から前処理で使用した分を差し引いた量を投入してください。

次ページ「標準コース」で洗うと型崩れの原因に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT