「愛の不時着」を破った韓流ドラマ2本の衝撃

まだまだ抜け出せる気がしない「韓流ドラマ沼」

『愛の不時着』を破り今年上半期もっともヒットした韓国ドラマは?(写真:The Chosunilbo JNS/Getty Images)
コロナ禍で家にいることが増えて、初めて韓流ドラマを見たという人も多いが、その韓国で今年話題になったドラマは……。

今年上半期は、世界中のエンタメ・コンテンツが、コロナウイルスの感染拡大の打撃を受けたが、その一方ではロックアウトなどで自宅にこもっている際のお供としてネットフリックスが大健闘した。その結果、ネットフリックスで配信された『愛の不時着』『梨泰院クラス』『キングダム』など韓国ドラマが注目され、これが引き金になって、日本では「第3次韓ドラブーム」が巻き起ったと言われている。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

今回の韓ドラブームは、若い層やそれまで韓流コンテンツに興味がなかった男性にも浸透しているあたり、新たな韓国エンタメファンを増やすのに大きく貢献することとなるだろう。

では、現地韓国内では、今年上半期一体どのようなドラマが人気を集めたのか、今回は韓国内での人気ドラマランキングを見てみよう。

視聴率と視聴者数

韓国では、一般的に日本と同様「TV視聴率」が人気のバロメーターに使われるが、それと同時に「視聴者数ランキング」と呼ばれる基準も存在する。視聴者数は、該当時間にTVをつけた人のうち、その番組を視聴した実員を計算する方式である。映画でも作品のヒット具合を観客動員数で発表することが多い韓国では、日本のような興行収入額基準よりも人数結果になじみがあるのかもしれない。

また、韓国は地上波局数が少なく、ほとんどの家庭が総合編成チャンネル(BSヤケーブル向けの放送)とケーブル放送も見ることのできる有料放送パッケージに加入している。一般的に地上波視聴率は、全国主要13地域を対象とし、有料放送加入家庭と未加入受信家庭を合わせて計算する。

しかし、非地上波(総合編成チャンネル)とケーブル放送の番組に対しては、全国を対象にして有料放送加入世帯だけで集計するため、非地上波と地上波の正確な視聴率を出しにくい。

そういった理由で、今回視聴率調査機関が発表した2020年上半期「視聴率ランキング」と「視聴者数ランキング」の結果が多少違っている。今回は公平に両方の順位を紹介する。

次ページ『愛の不時着』は何位?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT