金価格はいったいどこまで上昇するのか?

1トロイオンス=2000ドル台はもはや通過点か

これまで金は、有事の際や地政学的リスクの高まりの際、さらに金融市場の混乱が起きたときに買われる「安全資産」としてみなされることが多かった。しかし、近年では株価が上昇している最中でも買われるようになっている。

要はカネ余りが背景にあるのだが、その根本的な原因を作っているのがまさに米政府とFRBの政策なのである。株式と債券の市場規模は合わせて最大200兆ドルと推定されているが、推計5兆ドルとみられる金市場にこれらの資金が流入すれば、影響はきわめて大きい。その場合、金価格はほぼ機械的に押し上げられることになる。この流れはそう簡単には変わらないだろう。

2032年に「約5000ドル」の試算も

金に関して、もうひとつ興味深い考え方を披露しよう。米ドルの資金供給の増加が金相場の上昇要因の一つだとすれば、マネタリーベースとの比較が良いヒントになる。実際、チャートを見ると、これまでの米マネタリーベースの増加と金価格の上昇は連動しているように見える。だが金価格をマネタリーベースで割ると、いまの金価格がマネタリーベースの伸びに比べてまだかなり低いことがわかる。

では、もしマネタリーベースが今後も増加すると仮定した場合、金価格は将来どうなるのだろうか。1968年から現在までのマネタリーベースの伸びは、月間で0.7%である。このペースであと12年マネタリーベースが増加すると仮定した場合、金価格は2032年に4950ドル程度にまで上昇するとの試算が成り立つ。

『金を買え 米国株バブル経済終わりの始まり』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

さらに、マネタリーベースが今後月間で1%ずつ伸びると仮定すると、12年後の金価格の推計値はなんと7500ドル程度に跳ね上がる。さらに、これはさすがに現実的ではなそうだが、マネタリーベースが月間で1.5%増加するとした場合、12年後の金価格の推計値は1万5500ドルにまでさらに跳ね上がるという試算も成り立つ。

こうした机上の計算は、空論と言われそうだが、これまでの金価格の上昇ぶりや、今後もFBRが資産買い入れを継続することなども考慮すれば、金価格がこうした価格に達するという考えも荒唐無稽なものとは言いきれない。

今後もFRBによる資金供給が止まらずドルの減価が進むなら、必然的に金価格は上がっていかざるを得ないという考えは、これまでも、そしてこれからも有効であろう。数年後、数十年後の金価格を想定すれば、それこそ5000ドルや1万ドルといった想像もできない価格水準になっても私は驚かない。

原油相場は長らく1バレル=10ドル台で取引されていたが、2000年代に入ると急伸し始め、最終的には150ドル近くまで上昇したことは記憶に新しい。金価格もつい15年前までは、500ドル以下の水準での取引が常態化していた。したがって「5000ドルなど、絶対に上昇するはずがない」などとは言い切れないのが、現在の金市場の実態である。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT