中国から「謎の種が届く事件」を解く有力な推理

不正レビューが成立するための巧妙なカラクリ

これらの理由を専門家に質問したところ話してもらえたのが以下の内容です。

そもそもインターネット通販で商品が海外から送られてくるケースが増えているのは、海外からのほうが郵便料金が安いことです。実際アマゾンなどでUSBケーブルのような小物を買うと中国から定形外郵便に入って届くのですが、これが都内から発送するよりも安い。

具体的には普通郵便で20gまで5人民元(約76円)ですから日本国内の84円よりも安い。ところがこの国際郵便のルール、途上国のほうがより有利になっていて、ベトナムからの発送だったら20gまで1万5000ベトナムドン(約65円)の郵便料金になります。

ベトナムから送られた郵便物は日本の税関を通った後、実質的に日本郵便のコストの持ち出しになって配達されるのですが、そこは国際条約があるために仕方がない。途上国から日本に届く郵便の配達は国内郵便業者の義務のようなものなのです。

ここに「種がベトナムから送られる」理由があります。郵送コストがただ同然に安いことと、荷物の中身も同様にただ同然で手に入る種だということが不正業者にとっては重要なのです。

◎ポイント4 不正が完成するための手口

さてここから先はあくまで推理ですが、おそらくこういうことが行われているという手口の話です。

不正レビュー業者によって作られるラベルは2枚

不正レビュー業者は通販出品業者からの依頼で架空アドレスを使って架空の購入をします。出品業者は架空アドレスの架空住所向けに発送するための中国郵政のラベルを打ち出します。このラベルはプリントアウトするだけで使いません。しかしプリントアウトしたことでラベルの番号がアメリカの大手通販事業者の記録に残ります。

不正レビュー業者は、別ルートで名簿業者から実在する日本の住所のリストを手に入れます。この送り先は実は何でもいい。今回の手口では過去に全然別の商品を全然別の業者から買った日本人の名簿が使われるケースが多いようです。

不正レビュー業者によって作られるラベルは2枚あって、ひとつはベトナムから日本に種を送る正規の郵送ラベル。もうひとつは途中で貼りかえる中国郵政の偽造ラベルで、その偽造ラベルに印刷される番号が先ほどの架空注文のラベル番号と同じで、住所だけが実際に存在する無関係の日本の住所宛に変更されたものになっています。

次ページおそらくベトナムの港湾か空港内部に不正業者の協力者がいる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT