「ゲーム脳の信憑性」を現役医師が怪しむ理由

「脳の活動を低下させる」とまでは言い切れない

〈表情が乏しく、身なりに気をつかわない人が多いようです。気がゆるんだ瞬間の表情は、痴呆者の表情と非常に酷似しています。ボーッとしているような印象です(中略)自分勝手であること。羞恥心がないこと。そういった人間らしさが乏しい印象の人は、ゲーム脳人間か、ゲーム脳人間になりかかっている危険があります〉

かなり極端で刺激的な見解だが、この本が刊行される2日前には、毎日新聞(2002年7月8日付)が著者の研究成果を詳しく報じ、他紙やテレビが後追い報道し大きな話題を呼んだ。『ゲーム脳の恐怖』の発行部数は12万部を超え、「ゲーム脳」という造語は、瞬く間に世間に定着した。

信憑性に欠ける「ゲーム脳」の主張

今や広くその存在が知られている「ゲーム脳」だが、眞鍋教授は「医学的に『ある』と証明されているわけではない」として、こう続ける。

「この本では、テレビゲームを週4〜6日、1日当たり2〜7時間やっている人は、脳の活発さを示す『ベータ波』が低下しており、この状態が『ゲーム脳』の正体だと主張しています。しかし、どのような脳波計を使って測定したのかが記されておらず、その精度が十分だったかには疑問が残ります。もし信用できる機材を使った研究データなら、本にするだけでなく論文として発表しているはずですが、それもない。この本に書かれている内容だけでは、『ゲームが脳の活動を低下させる』とは言い切れないでしょう。

そもそも、現代の医学では、脳波だけでなく、fMRI(磁気共鳴機能画像)という機器を使って脳の機能活動も併せて調べるのが常識ですが、少なくとも私はそうした最新機器を使った研究のなかで『ゲーム脳』があると証明した論文を見たことはありません」

次ページそれでも「ゲームが脳に悪影響を与える」可能性も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT